大坂なおみが自身の中国語名論争に初めて言及!「こっちがいい」と選んだのは…

配信日時:2018年10月3日(水) 20時50分
大坂なおみが自身の「中国語名論争」に初めて言及!選んだのは…
画像ID  1030470
2日、世界の女子プロテニスを統括するWTAの中国版ツイッター・微博アカウントは、日本の大坂なおみが自身の中国語名に初めて言及したと報告した。
2018年10月2日、世界の女子プロテニスを統括するWTA(女子テニス協会)の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは、日本の大坂なおみが自身の中国語名に初めて言及したと報告した。

中国の大手メディアでは以前、大坂の中国語名を「大坂直美」と表記していた。中国語で日本人のひらがなの名前を表現する際は、日本語読みに基づいて漢字を当てはめることが一般的だ。しかし、その後「なおみ」を音訳した「大坂娜奥米」が使われるようになり、同アカウントが日本テニス協会に確認。最終的に「大坂娜奥米」の表記がより正確との答えがあったといい、同アカウントも「大坂娜奥米」を正式なものとする声明を発表していた。

ところが、この決定に大坂本人が「待った」をかけた。同アカウントによると、中国オープンに出場している大坂は、現地での記者会見で初めてこの論争に言及。「直美」に「美しい」という意味が含まれることを知ると、「娜奥米」より「直美」の方が好きだとの考えを示したという。

大坂の名前が「娜奥米」と表記されるとの発表があった当時、中国のネットユーザーからは「しっくりこない」という声が多かった。今回の本人のコメントを受け、「うん。こっちの方がいい」「やっぱり『大坂直美』の方がいいと思う」「下の名前だけ音訳っていうのは変」「だから俺は言ったんだよ。本人に(「娜奥米」と表記していいか)確認取ったのかって」「名前の中国語訳は、覚えやすさと響きの良さが重要」「本人が好きなことが一番」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2018/10/04 08:01)

    日本ではなおみはタレントの芸名みたいなもので、由来は英語のNAOMI。大阪生まれだから出生届は大阪の役所。漢字で戸籍には登録されているが、とくに必要がなく、本人も漢字書けない(SNSには漢字もあるみたい、、、本人が書いてるとは限らない、、、)から教えていないと推測する。直美、菜穂美、奈緒美、、、さてどれかな?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/10/03 23:54)

    「大坂娜奥米」←ここまで来ると誰だかわからんなw 勝手に人名に見れなくするシナ。 どこかのB級スマホメーカーっぽい響きになっちまうし。 パッと見で「大坂夏の陣」でコッソリ備蓄していた米なのかな?と深読みし過ぎたりしてしまうぞ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • めん***** | (2018/10/03 22:01)

    じゃあくまモンが「熊本熊と表記されるのははちょっと…」って言ってるのも認めてやってくれないか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事