2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国人観光客へのチップ要求問題、中国の旅行会社が「自発的に払って」と促すケースも―中国メディア

配信日時:2018年10月4日(木) 5時50分
中国人へのチップ要求問題、旅行会社が「自発的に払って」と促すケースも
画像ID  1030384
2日、央広網は、タイ・バンコクの空港で先日起きたチップをめぐる中国人観光客殴打事件に関連し、「中国の旅行会社が客に自発的なチップ支払いを促すケースもある」との記事を掲載した。写真はバンコク。
2018年10月2日、央広網は、タイ・バンコクの空港で先日起きたチップをめぐる中国人観光客殴打事件に関連し、「中国の旅行会社が客に自発的なチップ支払いを促すケースもある」との記事を掲載した。

近年、タイをはじめとする東南アジアは中国人に人気の海外旅行先となっており、記事は「一部の国で出入国当局の職員が中国人観光客にチップを要求する問題が見られる」と指摘。その上で、中国のネット上にチップ支払い問題を取り上げる旅行コンテンツが数多く存在することや、一部旅行会社が客にチップ支払いを促していることを伝えた。

記事によると、7月にタイ・プーケットを訪れたある女性は、アライバルビザ申請時に400バーツ(約1400円)上乗せした料金を支払ったそうだ。「ネットで見た旅行体験記に『200バーツだと処理が遅い』と書かれていた。現地で直接400バーツを要求され、反論もしなかった」という。

一方、東南アジア方面の旅行を専門に扱う旅行会社の関係者は「旅行者がチップを要求されることは確かにある」とした上で、「事前に準備しておいた方がよい」とコメント。同関係者は「さまざまな理由をつけられて発給拒否になったら、航空料金が無駄になってしまう。時と場合によってはおとなしく払うべき」とも強調したそうだ。

記事はまた、「多くの添乗員やガイドが全体の出入国手続きをスムーズに進めるために『パスポートにチップをはさんでおいてください。要求されなくても自分から渡して』と求めている」と説明。ただ、チップを準備した中国人観光客が笑顔で受け取りを拒否されたこともあるという。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 赤帽子***** | (2018/10/04 16:01)

    これは中国が賄賂文化が浸透している事を見越してカモられてるんだな。日本人ならそんな文化などないから要求もされないのだろう。 どうせ金は有るんだから払っておけば良いんじゃない?それでなくても全世界で迷惑を掛けているんだから。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/10/04 14:00)

    最初はチップを求める職員もいたり、渡す人もいたりで、いつの間にか闇ルールになっているんだね~ アライバルビザは日本人に無関係だから分からないが、3,4時間も待たされるんだから、早くスタンプ押してもらえるため、チップ渡したくなるかも知れないね~
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事