韓国首相が連日の日本批判、今度は福島の汚染水放出に「深刻な懸念」

配信日時:2018年10月3日(水) 16時50分
韓国首相が連日の日本批判、今度は福島の汚染水放出に「深刻な懸念」
画像ID  1030366
2日、韓国・SBSによると、韓国の李洛淵首相が連日、日本に批判的なメッセージを送っている。写真は韓国国旗。
2018年10月2日、韓国・SBSによると、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が連日、日本に批判的なメッセージを送っている。

李首相は同日、日本政府が福島第一原発の汚染水を浄化処理した後、海に放出する案を検討していることに反対の意を示した。李首相は「隣接国の政府として深刻な懸念を表明する。日本政府の説明と慎重な決定を求める」と述べた。韓国政府はこれまで、同案について公式の立場を明らかにしていなかった。

李首相の発言について、韓国世宗大学の保坂祐二教授は「日韓関係において受け身だった韓国が強硬に出始めたことに、日本政府は相当な圧力を感じるだろう」と評価。記事は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が直接発言しないことで外交的負担を減らせる他、首相としての存在感を示したい考えもあるだろう」と分析している。

韓国外交部当局者は「日本政府に韓国の懸念を伝える」としつつも、李首相の発言については「国民の懸念を考慮した発言と認識している」とし、具体的な追加措置については言及しなかったという。

李首相は1日にも、済州島で開かれる国際観艦式で日本の海上自衛隊が旭日旗を掲げる考えを示していることについて「日本は韓国人の心を繊細に考えなければならない」と述べ、自制を求めていた。

これについて、韓国のネットユーザーからは「これが国。これが正常な国政運営だ」「日本を批判できる首相は初めて」「やっと首相の役割を果たしてくれた」「李首相の発言には重みがあるし、核心をついている」など好意的な反応が寄せられている。

一方で「国内の支持率を上げるための発言としか思えない」「政権内に何か問題が生じたようだ。汚染水の放出は昨日今日始まった問題じゃないのに。急に日本に強く出るのはなんか怪しい」と疑う声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事