日本の本当に恐ろしいところ―中国メディア

配信日時:2018年10月3日(水) 16時20分
日本の本当に恐ろしいところ―中国メディア
画像ID  1030359
3日、新浪新聞は、「日本の本当に恐ろしいところ」と題する記事を掲載。日本がノーベル賞受賞者を輩出できる理由について分析している。資料写真。
2018年10月3日、新浪新聞は、「日本の本当に恐ろしいところ」と題する記事を掲載。日本がノーベル賞受賞者を輩出できる理由について分析している。

記事は、日本政府が01年に「50年間で30人のノーベル賞受賞者」という目標を掲げたことについて、「その当時ノーベル賞受賞者はわずか9人だったため、達成に多くの人が疑問を抱いた」と紹介。しかし、その後の18年間で18人のノーベル賞受賞者を出し、「目標達成の懸念は消えた」と伝えた。その上で、「日本を見てから中国を見ると、恥ずかしい限りだ」としている。

日本の科学研究のレベルが高い理由について、記事はまず「紙幣から分かる」と指摘。多くの国の紙幣には政治家の肖像が描かれているが、日本は1000円札が生物学者の野口英世、5000円札が作家の樋口一葉、1万円札が教育家の福沢諭吉だと紹介。「このことから日本は教育を重視していることが分かる」としている。

二つ目は「失敗に対する姿勢」だ。記事は、日本へ行った科学者の体験を紹介。初めての実験室でのセミナーに参加したこの科学者は、「真剣に失敗について討論し、どこが悪かったのか、なぜ失敗したのかについて分析しており、失敗した研究者本人に対する批判が全くなかったことに驚いた」という。記事は「失敗は成功の元というのは誰でも知っているが、日本はそれを実践している」とした。

三つ目の理由には「科学研究を真の意味で重視していること」を挙げた。「05年から15年までの間、日本は平均して国内総生産(GDP)の約3%を科学研究費に費やしており、これは16年の米国の2.8%より高い」と指摘。このため、科学者は資金の心配をせずに研究に打ち込むことができ、社会的にも高い地位と名声を得ることができると論じた。

記事は結論として、「日本には日本の国情があり、中国には中国の特殊性がある。日本のやり方を全て採用する必要はないが、科学研究という面では日本から学べる点は多くある。日本人は結果を出すことができた。中国人にはそれができないと言えるだろうか?」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事