熊本市女性議員の「のどあめ」問題に、中国ネット「厳しすぎる」「自分なら嫌だ」

配信日時:2018年10月3日(水) 13時50分
熊本市女性議員の「のどあめ」問題、中国ネットの反応は?
画像ID  1030357
2日、観察者は、のどあめをなめながら質疑をした熊本市の緒方夕佳議員が退席させられた問題について報じた。資料写真。
2018年10月2日、観察者は、9月28日に熊本市の緒方夕佳議員が議会の定例会でのどあめをなめながら質疑をしたことにより8時間会議が中断し、その後、退席させられた問題について報じた。

緒方議員は28日の会議でのどあめを口に含んで登壇。市議会はこれについて謝罪を要求したが、同議員は「周りを不快にさせたことについては申し訳ないが、風邪を引いてせきが出ていたのであめをなめていた。議会の品位を尊重するためだった」とし、謝罪を拒否した。最終的に、同議員には当日の会議への出席停止処分が下された。

記事は緒方議員について「2017年11月には生後7カ月の子どもを連れて議場入りし、厳重注意を受けた。熊本市議会は当時、乳児を連れて議会に入ることを禁止する明確な規則がなかったが、この問題の後に規則を追加した」などと紹介した。

また、同議員が乳児を連れて議場に入った問題に対する英メディアの反応を紹介。英紙デイリー・メールは「柔軟性に欠け、上下関係が厳格な日本社会の反映だ」と論評し、ガーディアンは「日本女性が仕事と育児の二つの責任に板挟みとなっていることを表している」と批判しているといい、多くのメディアが同市議会の処分に対して批判的だったと伝えた。

今回の報道を見た中国人ネットユーザーからは、「やりすぎだよね。この議員に対して厳しすぎるよ」「日本女性の地位はどれほど低いか、多くの人は想像できないだろう」といった声がある一方、「誰かが口に何かをくわえながら話しかけてくるのは、自分は嫌だな」「これは男だろうが女だろうが関係ない。全人代(中国の国会)で代表が赤ん坊を連れて行ったらどう思う?」「これは自身の発言を軽んじていることにもなるよ。のどは痛くても我慢しなくちゃ」「子どもを会議、それも議会に連れて行く、それは処分されるべきだろう。のどが痛くてあめをなめるのは問題ないが、壇上に立って発表する時は口から出すか飲み込むべきだ」と、緒方議員の行動を問題視する声も少なくない。(翻訳・編集/南部)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/10/03 22:06)

    日本では物事にルールが付き物です。 例えば学校でも、昔は飴なんて舐めてはいけなかったが事前に教師に許可を取れば許される事も多々ある。 例えば今回も「風邪を引いて、咳止めの薬を飲んで来たのですが如何しても喉が痛いので喉飴を舐めながらで申し訳ありません。」と事前ら説明責任を果たして居たら許される事も多々ある。 今中国人観光客の私生活についてネットで問題視されているが個人的には、ルールを守っているならそれ程心配する必要が無い。 もしも指摘されたら怒らないで、知らなかったので直しますと言えば誰も怒らない。 ただエチケットと言うのは、訳し難いが(日本国内では常識と訳す。)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • har***** | (2018/10/03 20:40)

    日本の議会運営上の事 選挙さえ無い中国に言われたくない 市民の代表 品格が求められて当然
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2018/10/03 14:44)

    自分達の意に沿う行動をする人たちには何でも擁護。 意に沿わない行動をする人たちには何でも批判。 Chinaのダブルスタンダード。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事