日本人が何年も続けてノーベル賞を受賞できる理由―中国メディア

配信日時:2018年10月3日(水) 11時30分
日本人が何年も続けてノーベル賞を受賞できる理由―中国メディア
画像ID  1030178
2日、中国・新華社通信は、日本の科学者が何年も続けてノーベル賞を受賞している三つの要因を紹介した。
10月2日、中国・新華社通信は、2018年ノーベル医学・生理学賞に日本の京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏が選ばれたことについて、日本の科学者が何年も続けてノーベル賞を受賞する要因は、研究への長年にわたる安定したサポート、常に危機感を持っていること、若い人材の育成重視の三つにあると分析している。

記事は、「ノーベル物理学賞、化学賞、医学・生理学賞の3部門は、科学の発展に貢献した画期的な研究成果に授与されるが、研究成果が日の目を見るまでには長い時間がかかる」とし、日本の文部科学省が公表しているデータを分析。「1940年代以降、全世界のノーベル賞受賞者が受賞の根拠となる研究成果を得た平均年齢が37.1歳、実際に受賞した時の平均年齢が59歳であり、研究成果を得てから受賞まで平均22年かかっている」としている。本庶氏も免疫抗体の研究成果を得たのは1992年であり、今回の受賞まで26年かかったという。

記事は、ノーベル賞受賞者を輩出している日本が危機感を持っているとも指摘している。日本政府が毎年発行している「科学技術白書」がまとめた所によると、日本の科学技術面の開発力が衰退の兆候を見せ始めているという。18年度の「科学技術白書」によると、世界の主要国の中で、日本の研究者の論文発表数が04年の6万8000本をピークに、15年には6万2000本に減っており、被引用度で世界トップ10%に入る質の高い論文数のランキングでも、日本は世界4位から9位にまで下落。政府の科学技術関連予算も、18年の投入額3兆8401億円は2000年の1.15倍で、世界の主要国の中で増加率が最も低いという。

記事は、今年2月の雑誌・東洋経済の特集記事「大学が壊れる」で、15年のノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章氏が「論文の数は研究資金、時間と人員の数で決まる。日本がこの三要素を悪化させ続ければ、将来ノーベル賞を獲るのは難しくなるだろう」との見方を示したことを紹介。また、16年のノーベル生理学・医学賞の受賞者・大隅良典氏らの有識者が「若者たちが安心して研究に打ち込める環境を作らねばならない」と呼び掛けていることにも触れている。(翻訳・編集/原)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/10/04 01:33)

    日本の技術力は間違いなく今後衰退していくよ。まず、少子化で母数が減少している上、科学分野に興味を持つ若者が少なくなっているし、政府は大学の研究費を減らし続けている。その一方で、軍事に転用できる技術には防衛省と契約する事を条件に資金を出すとも明言している。 科学と軍事は切り離すべきなんだが、やはり絞られた政府からの研究資金と、潤沢に貰える防衛省からの資金との間で葛藤する研究者は多いようだ。 資金不足で自由な研究ができないとなれば、後は衰退していくのみだ。 バブルの頃から少子化問題を放置し続け、その上で大学の研究には金を出さず、どうやって技術立国である日本を維持しようというのだろうか自民党は。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 禁断の***** | (2018/10/03 12:40)

    日本はこのままでは科学技術が衰退してしまうという意見をよく聞く。なかなか難しい問題だとは思うが少子高齢化問題やこのような未来につながる研究の為の費用などをもっと増やさなくてはならないのではないだろうか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/10/03 12:13)

    日本は、世界に認められる為に色んな分野で力を発揮しているが中国は、ノーベル賞など必要ないのではないだろうか? 日本から技術協力で得た新幹線技術を高速鉄道として自国で走らせるそれは何も問題は無い。 だが中国は、日本からの技術協力だと言う事は頑なに認めないつまりノーベル賞の様に積み重ねを必要としない国のあり方なのだから、ノーベル賞に拘らなくても良いのだろう。 日本政府的には、戦後賠償の代わりに中国の発展を遂げさせたかったのだから全く問題ない。 今発展した事を日本国民の1人として喜んでいる。 中国の勘違いは、日本のコンテンツを得て関係を続けた方がお互いのためだと思っているだけ。 日本のアニメと同じで、コンテンツ買ってくれるならイベント用の着ぐるみや、レプリカまで中国に貸せれると言うお互いの利点がある。 当然高速鉄道も日本の技術を共に得られた方が得というだけの話。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事