2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国が巨額を投じ開発した列車、今では「無用の長物」に=韓国ネットは鉄道インフラ批判

配信日時:2018年10月5日(金) 12時10分
韓国が巨額を投じ開発した列車、今では「無用の長物」に=ネットから批判の声
画像ID  1030169
2日、韓国・中央日報は、韓国政府が総事業費2000億ウォン余りを投じて開発した振り子式列車と次期高速鉄道が「事実上の無用の長物となり放置されている」と報じた。資料写真。
2018年10月2日、韓国・中央日報は、韓国政府が総事業費2000億ウォン(約200億円)余りを投じて開発した振り子式列車(TTX)と次期高速鉄道(HEMU‐430X)が「事実上の無用の長物となり放置されている」と報じた。

韓国の国土交通部は同日、国会国土交通委員会のソン・ソクチュン議員(自由韓国党)にTTXとHEMU‐430Xの開発現況に関する資料を提出した。両列車の開発には、それぞれ約860億ウォンと約1140億ウォンが投じられたが、どちらも現在は活用案がなく、韓国鉄道施設公団の車両基地に長期保管されている状態との内容だという。

TTX開発は2001年に開始された。振り子式列車とは、車体を内側に傾斜させることで曲線区間も速度を落とさず走行できるというもの。国土交通部は当初、12年には曲線区間の多い路線に導入し、運行時間を最大で約20%短縮すると計画していた。しかし、開発と性能試験をほぼ終えた11年に突然政府の方針が変わり、TTXの導入を予定していた路線はいずれも、改良によって直線化、高速化を目指すこととなったという。記事は「このためTTXの中核技術は事実上、無用の長物となった」としている。

HEMU‐430Xは、07年に開発に着手。動力分散式を採用しており、13年には最高時速421.4キロメートルを記録した。政府はソウル~釜山(プサン)間を1時間30分で走行可能だとし、輸出も計画していた。しかし、その後は高速走行に必要な線路、電車線、信号システムの改良が進まず、さらには常用化に向けて韓国鉄道施設公団が進めていた研究も、国土交通部がストップさせたという。ある関係者は「内部では『今でも十分なのに、速度を上げる必要があるのか』という否定論が少なくない。HEMUに関心がない状況だ」と話しているといい、記事は「HEMUの運命は不透明だ」としている。

同部鉄道政策課のキム・ウィヨン事務官は「HEMU開発で動力分散式の技術を確保し、高速鉄道の実用化モデルを作ったことそのものに意味がある」と説明している。しかし、その技術は「死蔵の状態」で、国内で導入されない列車を輸出することは事実上、不可能だとの批判も出ているという。ソン議員は「膨大な費用を投じて開発したが、政策が変わったために結局、税金の無駄遣いになったと言える」と指摘している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「公務員が国の発展を阻む」「本当の問題は、やたらと駅ばかり造って、少し進んでは停車するようにしたこと。なのに必要な所には駅がなく、必要のない所に駅がある」「HEMUを導入したところで、ポルシェやランボルギーニを狭い道路で走らせても前にリヤカーがいたら意味がないのと同じことになる」「ソウルから釜山までの間に駅があり過ぎ。1時間30分で行くって?笑わせるな」「振り子式列車の技術は、日本では昔から使っている。中国や日本の特急列車はKTX(韓国高速鉄道)より快適だ。韓国の鉄道インフラの駄目さがよく分かる」などと厳しい声が多く寄せられている。

一方で、「TTXとHEMUの技術は現在、主力生産している列車に適用されている。どちらもプロトタイプだっただけなのに、これを『放置されている』とはおかしい。鉄道好きの間では常識だ」という、鉄道ファンからの意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事