Record China

ヘッドライン:

「これが日韓の違い」=ノーベル賞受賞・本庶氏のある言葉が韓国ネットで大反響

配信日時:2018年10月2日(火) 18時20分
拡大
2018年10月2日、韓国・聯合ニュースが今年のノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の本庶佑教授の言葉を伝え、韓国のネット上で注目を集めている。

記事は、本庶教授の研究について「画期的な新抗がん剤であるオプジーボの開発につながり、同薬は2万5000人以上の治療に使われている」と説明。また、本庶教授が研究するにあたり「科学は多数決ではない。既存の概念を壊す少数派の中から新たな成果が生まれる」との信念を持っていることを紹介した。

これに、韓国のネットユーザーからは「わあ…。集団社会主義の韓国にとって耳の痛い言葉。さすが先進国」「日本には学ぶところが多い」「韓国人とはマインドが違う」「日本の職人精神と韓国のフランチャイズ精神の違い」「韓国で知性と個性的な視点を持ち合わせた人は尊敬されない」「科学は多数決ではないとの言葉が心に響いた。多数決で原発を廃止し、多数決で立証されていない漢方治療薬を医学と認めようとする韓国。なぜこの国からノーベル賞が生まれないのかよく分かった」など、多くのコメントが寄せられ、反響を呼んでいる。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「日韓は過去に執着してはいけない」韓国野党代表の発言に、ネットが反発=「誤ったことを正すことが執着?」「どこの国の議員?」

7日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の保守系最大野党「自由韓国党」の洪準杓代表は7日、慰安婦像をめぐる日韓関係について、「過去は流れ去ったものであり、過去に執着するのは将来的に役に立たない」と語った。写真はソウル日本大使館前の慰安婦少女像。

Record china
2018年6月8日 12時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング