2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国人に「日本疲れ」広がる?日本好き芸能人やテレビ局に視聴者から不満

配信日時:2018年10月3日(水) 8時20分
韓国人に「日本疲れ」広がる?日本好き芸能人やテレビ局に視聴者から不満
画像ID  1030158
2日、韓国・日刊スポーツは、韓国テレビ局の「過度な日本愛」に、一部の視聴者から不満の声が上がっていると報じた。資料写真。
2018年10月2日、韓国・日刊スポーツは、韓国テレビ局の「過度な日本愛」に、一部の視聴者から不満の声が上がっていると報じた。

記事によると、韓国の有名女性タレント、パク・ナレのSNSには最近、「日本が好き過ぎる」「日本に行き過ぎ」などと指摘するコメントが多数寄せられた。事の発端は、パク・ナレが芸能人の私生活に密着するバラエティ番組に出演したこと。パク・ナレは「母親が初の海外旅行で日本に行く」とし、一緒に買い物をしたり、簡単な日本語を教えたりして休日を過ごした。これに対し一部のネットユーザーは、パク・ナレが別のバラエティ番組でも度々日本を訪れていることに触れ、「日本好きが度を超えている」と批判したという。記事は「日本に行くのは自由だが、問題は芸能人の行動が視聴者に影響を及ぼしかねない点」と説明している。

その後、パク・ナレが過去に元慰安婦支援団体に寄付していた事実が取り上げられたことで騒動は一段落したというが、記事は「日本旅行を間接的にPRする韓国の番組に視聴者の反感が募っていることを示している」と指摘。その理由について「歴史問題により韓国人の基本情緒には反日がある上、2011年の原発事故以降、日本は放射能に汚染された農水産物や工業製品について曖昧にしており、安全性が確認されていない」「日本では嫌韓感情が高まっているにもかかわらず、韓国ではバラエティー以外にもさまざまなジャンルの番組が日本旅行と消費を助長している」などと説明している。

一方、韓国の番組が日本を頻繁に訪れる理由について、あるテレビ局関係者は「距離的に近いことから撮影やタレントのスケジュール調整が楽。さらに韓国国民の日本旅行の需要は高いため、日本を選ぶのは当然」と説明したという。しかし、記事は最後に「番組制作者らは日本関連のものを扱う際、過度な美化や称賛は慎むべき」と警鐘を鳴らしている。

これに、韓国のネットユーザーからは「最近の番組は本当に日本関連ばかり。韓国にいるのか日本にいるのか分からなくなるほど」「韓国のテレビ局は日本の観光庁?」「今まで問題にならなかったことが不思議」「韓国内にもいいところがたくさんある」「中国も近い。日本ばかりPRするのはやめてほしい」「テレビ局や芸能人には配慮が足りない。歴史問題で日韓関係が敏感な時は特に注意してほしい」など、記事の指摘に賛同するコメントが寄せられている。

一方で「日本が好きなのは個人の自由」「日本旅行が好きだから助かっている」「日本はどこもきれいで清潔だから、見ていて嫌な気はしないよ」「日本にはたくさん行くべき。学ぶものが多いから。バラエティもいいけど、運転文化や掃除文化などを取り上げて教育にも活用してほしい」「訪日韓国人観光客の数を知らないの?芸能人だけに行くなと言うのはおかしい」などと反論する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事