Record China

ヘッドライン:

連休に旅行に出掛ける人へ、「マナー」という身分証を持っていくのを忘れないように―中国紙

配信日時:2018年10月2日(火) 18時50分
拡大
1日、咸寧日報は、国慶節期間中に旅行へ出かける旅行者に対し、マナーを呼びかける記事を掲載した。資料写真。

2018年10月1日、咸寧日報は、国慶節期間中に旅行へ出かける旅行者に対し、マナーを呼びかける記事を掲載した。

記事は、国慶節の長期休暇で多くの人が旅行へ出かけるが、「マナーという身分証を持っていくことを忘れないように」と指摘。最近中国では、高速鉄道での座席占領のニュースが続いたことに言及し、「外出時のマナー問題は、小さな所から始め、自分の素養を高めるところから行うべきだ」と論じた。

その上で、旅行の際にありがちなマナー違反の例について紹介。観光地に大量のごみを置き去りにすること、紀念と称した落書き、行列への割り込み、列車や飛行機で騒ぐこと、高速道路で渋滞時に路肩を走行することなどを挙げ、「これらはいずれも他の旅行客に影響を与え、環境を破壊する行為であり、マナー違反である」と指摘した。

旅行先でこうしたマナー違反が見られる理由について、「3つの心理的要素」が関係していると分析。1つは「外出で気を緩めすぎる」こと。もう1つは「金を払っているのだからかまわない」という考えだ。最後は「ほかの人もマナー違反しているのだから自分もいいだろう」という考えだ。

記事は、「真の文明的な旅行という風潮は、マナー違反に対する処罰を強化するだけでなく、教育と指導がより重要だ。人々の公徳心を育て、道徳の教育感化が必要だ」と指摘した。

最後に記事は、「マナーは他人に対する礼儀と尊重というだけでなく、お金では買えない美しい風景だ」と論じ、一人ひとりがマナーの良い外出という習慣を身に着け、美しい風景にすべきだと呼びかけた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「中国人観光客」を「けなし言葉」にしないで!=スウェーデンの「中国侮辱」番組めぐり華字紙が呼び掛け

25日、スウェーデンを訪れた中国人観光客をめぐるトラブルが国同士の対立を激化させる中、捜狐は「スウェーデンの『中国侮辱』は許せないが、一部中国人観光客の悪習は改められるべき」との文章を掲載した。写真はストックホルム。

Record China
2018年9月26日 13時40分
続きを読む

ランキング