2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

国民性が似てる?日本と韓国だけが突出して高い「あるデータ」

配信日時:2018年10月2日(火) 11時40分
国民性が似てる?日本と韓国だけが突出して高い「あるデータ」
画像ID  1030052
1日、中国の自メディア・日本窓は、日本の会社員のあるデータについて紹介。「この国民性をどう思いますか」と読者に問い掛けた。資料写真。
2018年10月1日、中国の自メディア(新興メディア)・日本窓は、日本の会社員の有給休暇取得について紹介。「この国民性をどう思いますか」と読者に問い掛けた。

記事は、旅行会社・エクスペディアが昨年、世界30カ国・地域の18歳以上の男女約1万5000人を対象に行った調査で、日本人の有給休暇取得率は50%で2年連続最下位になったことを紹介。積極的に取得しない理由で最も多かったのが、「緊急時のためにとっておく」だったと伝えた。

一方で、「矛盾していること」として、日本人が転職で重要視することの1位は「より多くの有給が取得可能」だったことを指摘。その上で、日本人が休みたくても休めない本当の理由は、「周囲に迷惑を掛けることへの罪悪感」や、「上司や先輩が休んでいないのに休みを取得することの後ろめたさ」があるとした。また、有給の取得を申請してもすんなりと通らないケースもあり、それが繰り返されるうちに「空気を読んで」取得を控えるようになるとした。記事は、この原因を日本の「国民性」にもあると見ているようだ。

エクスペディアの調査で日本と同様の傾向があったのが韓国だ。有給休暇の取得率は67%と日本より高かったもののそれでもワースト2位。「有給休暇に罪悪感を感じる人の割合」では、最多の日本(63%)とほぼ同じの61%で、3位のシンガポール(35%)以下を大きく引き離して突出している。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/10/03 11:44)

    諸外国だと 何かのプロジェクトが終わる→有給で長期休暇 という流れになるが、日本だと人員がかつかつなので、そんな余裕はどこにもない。 繁忙期に有給が取得しづらいのはまあ仕方ないとしても、閑散期ですら長期で取得というのは難しい。 大企業を含め、「人件費を抑えるため」に「最低限の人員」で回している為、代替の人員が居ないのだ。だから社員には有給どころか無茶な働かせ方をさせるし、当然過労死なんかも無くならない。 「働き方改革」という名の改悪で、この辺も今後どうなっていくものか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ハムス***** | (2018/10/02 13:54)

    30年前なら、休みが満喫できたが、ポケベルから始り、携帯、メールと休みだろうがなんだろうが心が休まらん。 そんな有給なら会社にいる方がまし。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事