なぜ多くの人が中国の真の経済力を過小評価するのか―米ビジネススクール

配信日時:2018年10月7日(日) 10時30分
なぜ多くの人が中国の真の経済力を過小評価するのか―米ビジネススクール
画像ID  1030044
7日、米ペンシルベニア大学のビジネススクール、ウォートン・スクールのウェブサイトにこのほど、「なぜ多くの人が中国の真の経済力を過小評価するのか」とする記事が掲載された。資料写真。
2018年10月7日、中国メディアの環球網によると、米ペンシルベニア大学のビジネススクール、ウォートン・スクールのウェブサイトにこのほど、「なぜ多くの人が中国の真の経済力を過小評価するのか」とする記事が掲載された。

記事の筆者はまず、「最近のワシントンの発言によると、米国は中国との貿易戦争に勝利することになっているようだ。中国の株式市場が下落している一方で、米国の株式市場は史上最高に近づきつつあるためだという。だが私は、米国政府が、急成長する世界第2のエコノミーの本当の経済力を過小評価しているように思う」と指摘した。

その上で具体例として、「現在、香港、上海、深センの株式市場は、世界最大のIPO市場を代表している」「中国の6億2000万人のモバイルユーザーが世界最大の情報消費ブームを生み出している」「中国の輸出は過去30年間、年平均成長率(CAGR)17%で拡大し、世界最大の輸出国になった」「1980年には中国の労働力の約70%が農業に従事していた。だが2016年にはその割合は30%になっている」「1980年には大学教育を受けた人の割合は2%にすぎなかった。だが2016年には約30%だ」「1980年にわずか3万人にすぎなかった深セン市の人口は、2016年に1200万人になっている」「中国の電子決済サービスのアリペイとウィーチャットペイにはそれぞれ5億人以上のアクティブユーザーがいる」「米ボストンコンサルティンググループ(BCG)の世界の富に関する2018年版の報告書によると、米国は世界の富裕層と超富裕層の30%以上を占め、中国は15%だが、中国の年平均成長率は22%と驚異的だ」などと指摘した。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 七菜四***** | (2018/10/07 21:10)

    あら、消された。 では違う側面から。 「真の経済力」を正しく評価してもらいたいなら、為替を自由化すれば良い。そうすれば市場が評価してくれる。 自由化しないということは、China自身が虚勢を張っている実態を知られたくないから。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/07 19:53)

    同じ資産家でも、自分で会社を起こして稼いだものと、親の遺産を相続したものでは、待遇が違うことは当然である。中国人は事業家と言うより〈成金〉と見られているのだ。いくら金があっても軽く見られるのは仕方ないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹楊***** | (2018/10/07 19:22)

    >中国の6億2000万人のモバイルユーザーが世界最大の情報消費ブームを生み出している ソシャゲの廃課金で借金しまくりの破産しまくっている状態を経済がまわっていると言えるんですかね! 子供の頃からギャンブル依存症ならぬ廃課金依存症に陥って親の金を使いまくって破産まで追いやったとか、碌な話無いよね
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事