2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本が「超音速滑空弾」開発、離島防衛以外の意図が?―中国メディア

配信日時:2018年10月2日(火) 23時20分
日本が「超音速滑空弾」開発、離島防衛以外の意図が?―中国メディア
画像ID  1030028
2日、科技日報は、日本が「島しょ防衛用高速滑空弾」の開発を進めていることについて、島の防衛以外の目的があると報じた。資料写真。
2018年10月2日、科技日報は、日本が「島しょ防衛用高速滑空弾」の開発を進めていることについて、島の防衛以外の目的があると報じた。

記事は「日本の防衛省が離島の防御を強化すべく、島しょ防衛用高速滑空弾を開発中だ。ロケットエンジンで推進し、弾頭は高さ数十キロメートルで分離した後大気圏内に入って超音速で地上の目標に向けて滑空する。高速故に敵の防空兵器によって阻害されにくく、敵が進攻した離島の周辺島しょから発射ができるという」と伝えた。

中国の軍事専門家である張文昌(ジャン・ウエンチャン)氏は「現在、世界で極超音速滑空機が取り沙汰されているが、実際には超音速滑空機の研究製造が行われるのが今回で初めてであり、日本がその先陣を切った。報道によれば、日本が開発する滑空弾は極超音速ではなく、超音速兵器に過ぎない」と語っている。

また、推進補助滑空式の超音速兵器と極超音速兵器では技術的な原理は一見似ているものの、空圧設計、耐熱材料、エンジンなどの要求には比べ物にならないほどの差があることから、島しょ防衛用高速滑空弾の開発に成功したとしても、日本が短期間のうちに極超音速兵器を開発できるわけではないと指摘した。

張氏はさらに、日本は平和憲法の規定に基づき島しょ防衛用高速滑空弾の防御性能を際立たせている一方で、日本が同憲法の打破を意図していると主張。「指摘しておく必要があるのは島しょ防衛用高速滑空弾自体が平和憲法に反していることだ。その射程距離は500キロメートルと広いうえ、攻撃速度も高いことから、もはや攻撃性のある兵器の範囲なのだ」としている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 三笠***** | (2018/10/04 22:27)

    中国が日本にちょっかい出し続ければ連中が危惧することは確実に現実のものになるだろうな。そうなればただの自業自得でしかない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ただの***** | (2018/10/03 18:54)

    憲法というのは自国民が自国民を縛るためのものです。他国の人にとやかく言われる筋合いではありません。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • law***** | (2018/10/03 15:38)

    天下を治める為には、先ず、自分の行いを正しくし、そして家庭を整え、次いで天下を治めると言うのが原則である。例えば、ハードウェアを重視するが余りソフトウェアがとかく軽視されがちとなるが、結果としてマッチしない地帯が生まれ、また、何処かに手着かずの箇所が現れ、そしてこれらが管理上の盲点となる。これ等の意味に於いて民主主義の国家ではそれらの盲点を無くしつつ真空を満たしてきているが、そこで台湾でも永久平和憲章で模範を示しつつ、そして今後の中国の民主化を台湾が導いていきたい。また、台湾が中国を民主化に導く事により世界50ヶ国で迫害されているそれらの人々の開放を速やかに採られる事を望みたい。本来、真の民主国家とは何の武力も持たずに核戦争が排除出来るものを指す。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事