多くの中国人が驚いた日本人のノーベル賞受賞、だが中国も希望が持てる―中国メディア

配信日時:2018年10月2日(火) 15時50分
またか!日本人のノーベル賞受賞に驚き、だが中国も…―中国メディア
画像ID  1030022
1日、中国青年報オンライン版は、2018年のノーベル医学・生理学賞にジェームズ・アリソン氏と本庶佑氏の2人が選ばれたことについて、「多くの中国人が『また日本人か!』と驚いた」と報じた。資料写真。
2018年10月1日、中国青年報オンライン版は、2018年のノーベル医学・生理学賞に米・テキサス大アンダーソンがんセンターの免疫学教授のジェームズ・アリソン氏と京都大特別教授の本庶佑氏の2人が選ばれたことについて、「多くの中国人が『また日本人か!』と驚いた」と報じた。

2015年と16年に続く日本人科学者の同賞の受賞で、本庶特別教授は日本人で24番目のノーベル賞受賞者(日系米国人2人と日系イギリス人を除く)となる。対照的に、中国のノーベル賞受賞者は薬学者の屠●●(●は口へんに「幼」、トゥ・ヨウヨウ)氏のみ(受賞時、国籍が他国である受賞者は含まず)で、それも大村智氏らとの共同受賞だった。

記事によると、中国科学院青年革新促進会理事、中国科学院北京ゲノム所の陳科(チェン・カー)博士は「日本のノーベル賞受賞者数が多い背景は、日本政府が基礎研究を重視し、強く資金援助していることと無関係ではない。ノーベル賞受賞者数に加え、背景には経済の急成長もあり、それらはいずれも科学技術革新の発展、特に基礎研究の発展と切り離せない」と見ているという。

そして、現在、中国も科学技術革新を重視していることについて、陳博士は同紙記者に「世論も実際の財政支援も弱くない」とし、「このような支援があれば、中国は将来的により多くのノーベル賞受賞者が誕生するだろう」と述べたという。

また、記事は、ノーベル賞公式サイトを調べた結果、2017年までに892人がノーベル賞を受賞しており、そのうち、米国が最多で、英国が2位、ドイツが3位と続くと伝えた。(翻訳・編集/南部)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/10/03 18:38)

    中国科学院青年革新促進会理事、中国科学院北京ゲノム所の陳科(チェン・カー)博士は「日本のノーベル賞受賞者数が多い背景は、日本政府が基礎研究を重視し、強く資金援助していることと無関係ではない。ノーベル賞受賞者数に加え、背景には経済の急成長もあり、それらはいずれも科学技術革新の発展、特に基礎研究の発展と切り離せない」と見ているそうですが,失礼を承知であえて言わせてもらえば「とんちんかん」な見方です。穿った見方をすれば,「自分たちにもっと資金を寄越せ」と中国政府に間接的に訴えているのでしょうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/02 19:29)

    >このような支援があれば、中国は将来的により多くのノーベル賞受賞者が誕生するだろう 中国にも真摯に研究と向き合うものはいるはずである。しかし政府の支援を受けられるのは実現不可能な大風呂敷を広げるペテン師だけで、本当の研究者は誰からも注目されない。これは制度の問題ではなく、中国人の〈ほら吹き〉体質が災いしているのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2018/10/02 18:10)

    中国お得意の札束をバラまけば何とかなるんじゃねえ(笑)?。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事