2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本で巻き起こった卓球ブーム、中国を追い抜くかも?―華字紙

配信日時:2018年10月7日(日) 9時40分
日本で巻き起こった卓球ブーム、中国を追い抜くかも?―華字紙
画像ID  1030023
7日、華字紙・日本新華僑報はこのほど、「日本で巻き起こった卓球ブーム、中国に追い付き、追い抜くかも?」と題する蒋豊編集長の記事を掲載した。資料写真。
2018年10月7日、華字紙・日本新華僑報はこのほど、「日本で巻き起こった卓球ブーム、中国に追い付き、追い抜くかも?」と題する蒋豊(ジアン・フォン)編集長の記事を掲載した。以下はその概要。

張本智和平野美宇は中国のネットユーザーがよく知る代表的な日本の卓球選手だ。五輪を迎えるに当たり、日本社会には「卓球ブーム」が巻き起こっている。卓球用品の販売は伸び、卓球番組の視聴率は上昇。日本メディアによると、日本国内の卓球愛好者はすでに700万人を超えているそうだ。「日本の若手の実力がすごすぎて、今の強さを維持したい中国、ドイツの選手は引退したくてもできない状況」との見方もあり、日本国内では東京五輪で自国選手が見せるパフォーマンスへの期待が高まっている。

張本、平野両選手はいずれも20歳に達しておらず、他にも10代の代表選手は多い。実際のところ、日本社会の若い選手を応援しようというムードは濃厚で、メディアも彼らに高い期待を寄せる。こうした社会の雰囲気は人々の卓球への関心を高めるだけでなく、学校に卓球教育を重視するよう促している。そして、卓球が一つの良好なスパイラルに入ることを後押ししている。

もし、多くの人が国際的な試合で活躍するトップアスリートを「見物する」だけのスポーツなら、それは国民的スポーツとは言えないだろう。日本人にとって卓球は年齢、性別にかかわらず、全ての人に適したスポーツだ。他のスポーツにはない、「未成年者、高齢者が愛好者の多くを占める」という特徴も見られる。そして20~60歳の人も環境を提供されればすぐに溶け込むことだろう。卓球とは、台一つにラケット2本、そして小さなボール1個があれば楽しめるスポーツなのだ。

日本社会にはすでに一種の「卓球文化」が形成されたとも言える。多くの企業がオフィスに卓球台を設置し、従業員の健康増進を図るだけでなく、社内の雰囲気をより和やかなものへと変えている。また、現代人は卓球の試合のリズムを歓迎している。今、多くの若者が長すぎる文章、長すぎる映像に関心を示さないが、これはスマートフォン時代の「欠点」だ。卓球は他の競技に比べ試合時間が短く、競技をするスペースも小さいため、スマホでも十分に試合を楽しめるのだ。

日本でこのように受け入れられている卓球。その背景には選手への期待、そして大衆の参加に適しているという要素がある。東京五輪で日本の卓球選手がどのようなパフォーマンスを見せるのか、確かに期待させられる。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/10/17 23:20)

    日本の卓球ブームは、中国が卓球を愛してやまない証に過ぎない。 中国の卓球は強過ぎる、そこで中国の卓球の指導者が日本に来て日本の選手に卓球を教えている、だから日本人も中国のように強くなって来たに過ぎない。 中国が卓球を愛するからこそ世界で卓球の楽しさを教え歩いているのだ。 日本国内で日本の選手は、中国の有名選手と共に卓球が出来る事を喜んでいる。 全くライバルではなく強い選手と共に卓球が出来る事が嬉しいとは何か、中国の卓球は神の粋なのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事