中国の極寒地で最長の高速鉄道、「哈佳鉄道」が開通―中国メディア

配信日時:2018年10月2日(火) 1時20分
中国の極寒地で最長の高速鉄道、「哈佳鉄道」が開通
画像ID  1029834
中国の極寒地で最長の高速鉄道「哈佳鉄道」が9月30日に開通した。沿線の大多数の地区にとって初めての鉄道となる。写真はCRH5A型高速列車。
中国の極寒地で最長の高速鉄道「哈佳鉄道」が9月30日に開通した。沿線の大多数の地区にとって初めての鉄道となる。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

黒竜江省中・東部を走る哈佳鉄道は中国「中長期鉄道網計画」の重点建設事業。2014年7月に着工し、全長344キロ、設計時速200キロで19駅を擁する。

哈佳鉄道は全線極寒地帯で、冬の最低気温は零下40度近くになる。建設は長い結氷期、複雑な地質環境といった難題を克服する必要があり、トンネルの排水溝に保温・防寒措置を講じ、極寒の気象条件下で線路の質と安全を確保し、極寒地区の鉄道建設のノウハウを蓄積した。

哈佳鉄道はCRH5A型高速列車を使用。19項目の防寒改造を施して、高速鉄道が極寒の中、風・砂・雨・雪・霧など悪天候に耐え、時速200キロで安全に運行できるよう確保した。

哈佳鉄道の開通により、中国東北部の鉄道網がさらに整い、沿線住民の移動が極めて便利になる。また、地域の都市化加速、経済・社会発展の促進、旧工業基地の振興、中露を結ぶ鉄道の通関地後方のスムーズな運行にとって非常に重要な意義を持つ。(提供/人民網日本語版・編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/10/02 09:38)

    >高速鉄道が極寒の中、風・砂・雨・雪・霧など悪天候に耐え、時速200キロで安全に運行できるよう確保した 中国高速鉄道で通常運転でも赤字なのに〈極寒地〉で運転したらどれだけ赤字が増えることか。どうせ〈国のメンツ〉を考えて新幹線の半額程度の運賃しか取らないのだろう。赤字を国民の税金で穴埋めしていることは、海外輸出の失敗で世界中が知っていることだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事