2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本で外国人の在留資格取り消しが過去最多に、最も多かった国籍は?―華字紙

配信日時:2018年10月2日(火) 7時50分
日本で外国人の在留資格取り消しが過去最多に、最も多かった国籍は?
画像ID  1029826
30日、華字紙・中文導報は法務省の発表として、「出入国管理及び難民認定法」に基づく在留資格の取り消しが17年は前年比91件増の385件に上ったと報じた。資料写真。
2018年9月30日、華字紙・中文導報は法務省の発表として、「出入国管理及び難民認定法」に基づく在留資格の取り消しが17年は前年比91件増の385件に上ったと報じた。05年の統計開始以降、最多だという。

記事によると、資格別では「留学」の取り消し(172件)が倍に増え、全体に占める割合は44.7%だったという。以下、「日本人の配偶者等」(67件)、「技術・人文知識・国際業務」(66件)が続いた。

また、国籍・地域別ではベトナム(179件)、中国(84件)、フィリピン(30件)の順となり、「留学生が学校に籍が無くなった後も日本にとどまった」などを在留資格取り消しの例として挙げた。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • MR***** | (2018/10/02 14:11)

    大学を卒業した後就職までの間、半年か一年の猶予期間を設けているらしい。 ただ期間中に就職できず、引き続き滞在する学生も少ないでしょう。 ただ優秀な人は何個も大企業のオファーもらえているし、そうでない人はブラック企業に当たるか、就職先見つからず不法滞在に。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2018/10/02 10:17)

    先般も日中文化芸術専門学校なる学校の違法行為が発見され、気の毒な留学生が出てしまいました。いかがわしい経営者に憤りを感じていましたが、やはり中国資本の中国人経営者でした。日本でも中国人による犯罪が多発し、ガックリです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/02 09:22)

    >留学生が学校に籍が無くなった後も日本にとどまった 最近の私学は生徒不足を解消するため、就労目的の外国人とわかっていても、留学生として受け入れて入学金をもらっている。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事