象牙は中国で魅力を失いつつある―米誌

配信日時:2018年10月4日(木) 13時20分
象牙は中国で魅力を失いつつある―米誌
画像ID  1029662
米誌ナショナルジオグラフィックは28日、「象牙は中国で魅力を失いつつある」とする記事を掲載した。
2018年9月30日、中国紙・環球時報によると、米誌ナショナルジオグラフィックは28日、「象牙は中国で魅力を失いつつある」とする記事を掲載した。

記事はまず、「以前の中国は、合法・違法を問わず世界最大の象牙取引市場だった。しかし、象牙の取引が中国で禁止されて9カ月が経過し、象牙の購入に興味を示す人は徐々に減ってきている」とした。

記事によると、調査会社のGlobeScanが、中国人約2000人を対象に調査したところ、72%が「象牙は買わない」と回答したという。取引が禁止される以前は、同様の回答は50%だったという。

中国で象牙を取り扱っていた71店のうち、17店が閉業した。他の54店も店頭から象牙製品が姿を消したという。

一方で記事は「良いニュースばかりではない」とし、「中国が象牙の取引を禁止して以降、あるグループの購買意欲が増している。それは定期的に海外を旅行する人たちだ。中国人旅行者にとって、象牙を購入する最も人気の目的地はタイだ」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事