世界のごみはどこへ?東南アジア各国「ごみの輸入はしない」―中国メディア

配信日時:2019年6月6日(木) 9時0分
世界のごみはどこへ?東南アジア各国「ごみの輸入はしない」―中国メディア
画像ID  1029459
近年、欧米や日本、カナダなどのごみが東南アジアのマレーシア、フィリピンなどへ持ち込まれるようになった。東南アジア諸国はごみの受け入れを拒否する態度を明確にしている。写真は中国のごみ箱。
中国が2018年に海外からのごみ輸入を禁止したことで、欧米や日本、カナダなどのごみが東南アジアのマレーシア、フィリピンなどへ輸出されるようになった。近頃、東南アジア諸国は「ごみは受け入れない」という態度を明確にしている。人民日報海外版が4日付で伝えた。

海外メディアが伝えたところによると、フィリピンは、廃棄物を積んだコンテナ69個をカナダに送り返す決定をした。ごみは6月22日にバンクーバーへ到着予定だという。

また、マレーシアの環境相は、同国に持ち込まれた約3000トンのごみを返送することを表明した。ごみは日本、英国、サウジアラビア、カナダ、米国などからのものだという。

記事は次に、中国の清華大学環境学院の専門家、譚全銀(タン・チュエンイン)氏が、先進国が東南アジアへごみを輸出する理由として「各国の環境に関する法律が厳格化するのに伴い、国内でごみを処理したり利用したりするコストも上昇している。発展途上国の環境関連の法律はまだ未整備の部分が多く、法の執行能力も低い。さらに人的コストも安いため、先進国が自国でごみ処理をするのと発展途上国に輸出するのとでは費用が数倍異なる。先進国は発展途上国の『監督管理の穴』を利用しているのだ」と説明していることを伝えた。

記事によると、ごみの輸入を禁止するため、東南アジアの国々では次々と新しい法律が制定されている。タイは21年までにプラスチックごみの輸入を禁止する予定で、インドネシアはすでに西洋諸国からの特定プラスチックごみの輸入を禁止した。ベトナムは昨年7月、新しいごみの輸入許可を出すことを禁じたという。

記事は最後に、譚氏が「一番大切なのはごみそのものを減らすこと。消費習慣を変え、クリーン生産の技術を上げることだ」と語ったことを紹介した。(翻訳・編集/和田)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/06/06 11:01)

    プラスチックごみなど細かく破砕して最終処分場に埋めてしまえばいい。日本は国土の狭い国だが、処分場の空き地に困るほど狭い国ではないはずだ。この先、プラスチック製品を使い続けても数百年は捨て場に不自由しない。(あくまで個人の考えである)いずれ自然消滅する新しい材料が発明されるだろう。 〈補足〉 『地球温暖化で海面上昇して、沿岸都市は水没する』という説も最近では聞かなくなった。科学的根拠に乏しい説を広めて、世間の不安をあおる輩(やから)はいつの時代にも存在する。『地球上の石油資源はあと40年で枯渇する』という説が世間を騒がせたのは、今から40年以上前のことだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2019/06/06 10:13)

    日本は自国発生のゴミ対策(減少、リサイクル)と同時に、 周辺国のゴミ対策の監視も強化する必要がある。 今後、中国とか韓国の不法投棄が増えるよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/06/06 09:54)

    日本もゴミの代名詞たる韓 国 朝 鮮 人の入国を禁止しましょう >一番大切なのはごみそのものを減らすこと。 そうだね韓 国 朝 鮮 人はみな等しく去勢しなくては駄目ですね
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事