Record China

ヘッドライン:

<テニス>反日ムードの中、日本の大会参加へ=李娜選手に「売国奴」の罵声―米華字メディア

配信日時:2012年9月23日(日) 13時0分
拡大
21日、米華字ニュースサイト・多維新聞は記事「李娜、尖閣防衛の怒声に『逆らう』=日本の大会に出場し漢奸と罵倒される」を掲載した。写真は李娜選手。
(1/7枚)

2012年9月21日、米華字ニュースサイト・多維新聞は記事「李娜、尖閣防衛の怒声に『逆らう』=日本の大会に出場し漢奸と罵倒される」を掲載した。

その他の写真

尖閣問題の余波はスポーツ界にも及んでいる。バドミントンのヨネックス・オープンなど日本で開催される国際大会に中国人選手の欠場が相次いでいるほか、卓球石川佳純選手のように中国での試合を断念した日本人選手もいる。

こうした中、アジア人として初めて4大大会を制した李娜(リー・ナー)選手の出場が明らかとなり、話題となっている。「漢奸(売国奴)」と罵る声もあるが、国の管理に逆らい自己流を貫く李娜選手らしいと称賛する声も上がっている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<尖閣問題>日中の経済戦争が勃発か、韓国にとっては大きな商機―韓国紙

19日、韓国紙は尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題をめぐる日中の対立が経済戦争に発展する可能性が高いと指摘。この機会に韓国企業が漁夫の利を得ようと虎視眈々と狙っていると報じた。写真は12日、陝西省西安市で行われたサムスン電子の新工場の着工式。

Record China
2012年9月22日 0時12分
続きを読む

ランキング