【募集中】韓国語社内スタッフ

春節に訪米の中国人客6割増、ファーウェイ問題や貿易戦争の影響なし―米華字メディア

配信日時:2019年2月8日(金) 6時0分
春節に訪米の中国人客6割増、ファーウェイ問題や貿易戦争の影響なし
画像ID  1029064
6日、米華字メディアの多維新聞は、中国人観光客の米国とカナダへの旅行熱は、米中貿易戦争や中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の経営幹部逮捕をめぐる騒動の影響を受けていないようだと伝えている。写真は米ニューヨーク市。
2019年2月6日、米華字メディアの多維新聞は、「中国人観光客の米国とカナダへの旅行熱は、米中間の貿易戦争や中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)最高財務責任者(CFO)が米国の要請によりカナダで逮捕された騒動の影響を受けていないようで、下がるどころかむしろ上がっている」と報じた。

多維新聞によると、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは5日、「中国人観光客のアメリカンドリームはファーウェイ騒動と貿易戦争にもかかわらず強いまま」とする記事を掲載した。

それによると、2月4日から10日までの中国の春節(旧正月)連休中、米国は中国人の長距離旅行で最も人気の目的地であることが中国最大手のオンライン旅行会社、シートリップ(携程)の調べで分かった。

同社が発表した「2019春節旅行消費報告」によると、同期間の米国旅行の予約数は前年同期比60%増、カナダ旅行も同21%増となっているという。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルやサウスチャイナ・モーニング・ポストによると、カナダ司法省は1月29日、ファーウェイの孟晩舟CFOの身柄引き渡しについて、米国から正式に要請を受け取ったことを明らかにした。同省は3月1日までに送還手続きを進めるかどうかを判断することになるという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事