マレーシア首相は米中貿易紛争をどう見る?―中国紙

配信日時:2018年9月29日(土) 6時10分
マレーシア首相、米中貿易紛争では中国寄り?―中国紙
画像ID  1028993
28日、環球時報は、マレーシアのマハティール首相が米中貿易戦争に言及し、トランプ大統領に対して批判的な発言をしたと報じた。写真はマハティール首相。
2018年9月28日、環球時報は、マレーシアのマハティール首相が26日に米ニューヨークで行われた外交問題評議会のイベントに参加した際、「トランプ大統領の外交方式はこれまでの米国の取り組みを損ねる」と述べたことを紹介。同首相が「世界2大経済体制における貿易紛争では、歴史は中国の側に立つ」との見方を示したと伝えた。

マレーシア紙ザ・スターは27日付の記事で、同イベントで「トランプ大統領をどのように見るか」と問われたマハティール首相が「どのように評価すればよいのか分からない。彼は数時間のうちに意見を変える。…一貫性のない人物と付き合うのは大きな問題だ」と答えたと伝えた。

米ブルームバーグは、マハティール首相はトランプ大統領の対中政策に同意しないと報じたという。それによると、同首相は「中国は何千年もの歴史があり、中国と共生することを学ばなければならない」とし、「30年前、中国は貧しい国だったが、生き残った。また誰かが中国を貧しくしたとしても、中国は再起するだろう」と見ているという。

また、トランプ大統領のアジア政策が「賢明」であるか、そして、マレーシアにとって有益であるかについての問いに対しては、「トランプ大統領はアジアに対する理解が深くないため、彼の決定は現実または事実に基づいていない。いかにして米国をもう一度偉大なものにするかしか考えていない、というのが私の印象だ」と答えたという。(翻訳・編集/南部)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/09/29 07:14)

    >世界2大経済体制における貿易紛争では、歴史は中国の側に立つ マレーシアの立場を鮮明にしていない。どちらともとれる微妙な表現である。 >誰かが中国を貧しくしたとしても、中国は再起するだろう こちらも微妙である。『中国はこれから衰退する』と言っているようでもあり『一度衰退してもまた復活する』ともとれる。マレーシアはどちらの陣営とも良好な関係を維持したいのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事