Record China

ヘッドライン:

<反日デモ>日本車オーナーの男性が殴られ、頭がい骨骨折、右半身マヒに―陝西省西安市

配信日時:2012年9月22日(土) 6時32分
拡大
21日、陝西省西安市で15日に起きた反日デモで、日本車のオーナーが鉄製のU字ロックで頭部を殴られ、頭がい骨骨折の重傷を負っていたことが分かった。写真は中国のモーターショーに出展されたトヨタ車。
(1/3枚)

2012年9月21日、陝西省西安市で15日に起きた反日デモで、日本車のオーナーが鉄製のU字ロックで頭部を殴られ、頭がい骨骨折の重傷を負っていたことが分かった。北京青年報が伝えた。

その他の写真

重傷を負ったのは同市在住の李建利(リー・ジエンリー)さん(51)。10数人のデモ参加者に車を壊され、運転していた李さんも鉄製のU字ロックで頭を殴られた。李さんは頭から血を流し、その場に倒れ込んだ。一緒にいた李さんの妻は「庶民が汗水たらして働いて買った車なんです!でも、日本車を買った私たちが間違っていました。もう買いません」と涙ながらに訴えた。

李さんは病院に運ばれたが、右半身がまひした状態。左足と左腕は少しずつ動かせるようになったが、右足と右手は完全に動かない。言葉も上手く話せなくなり、1度に話せるのは「ありがとう」「お腹すいた」など短い言葉のみだという。

李さんは事件当日、来年結婚する長男(26)の新居の内装工事のために材料を買いに行ったところだった。車には李さんのほか、李さんの妻、次男、次男の婚約者も同乗していたが、ケガはなかったもよう。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<反日デモ>「前方で破壊行為、Uターンを!」、日本車救った男性にネット世論が称賛―中国

17日、中国官製メディアが、大規模な反日デモが起きた陝西省西安市で、市民の男性が広げた段ボールに「前方で車の破壊行為。日本車はUターンを」と書き、それを持って路上に立ち続けたことにネット世論が称賛していると報じた。写真がその男性。

Record China
2012年9月18日 19時22分
続きを読む

<反日デモ>愛国者たちの暴徒化は、日本人の嘲笑の的になっている!―中国メディア

17日、中国の大手ポータルサイトに「暴徒化した愛国が中国社会を不安定にする」と題したコラムが掲載された。愛国の名の下に破壊、略奪などの行為に出ることは、日本人を喜ばせるだけだと論じている。写真は13日、北京の日本大使館前で行われた反日デモ。

Record China
2012年9月19日 10時51分
続きを読む

ランキング