2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国配車大手、大阪でタクシー配車サービス開始=「ウーバーとの競争再び」と中国紙

配信日時:2018年9月27日(木) 17時40分
中国配車大手、大阪でサービス開始=「ウーバーとの競争再び」と中国紙
画像ID  1028691
27日、中国紙・新京報は、中国の配車サービス最大手「滴滴出行」がソフトバンクと合弁で日本で手掛けるタクシー配車サービスが、大阪府内で開始されたことに関連し、「世界最大手の米ウーバーとの競争が再び繰り広げられることになる」と報じた。資料写真。
2018年9月27日、中国紙・新京報は、中国の配車サービス最大手「滴滴出行」がソフトバンクと合弁で日本で手掛けるでタクシー配車サービスが、大阪府内で開始されたことに関連し、「アジアの主要市場における世界最大手の米ウーバー(Uber)との競争が再び繰り広げられることになる」と報じた。

記事は、「滴滴は今年7月、ソフトバンクと合弁会社を設立し、日本のタクシー配車サービス市場に進出することを発表した」とし、全国に先駆けて同サービスの提供を開始する大阪府について「日本で最も活発な商工業の中心地であり、国際航空の拠点だ。883万人を超える人口を擁し、1年間に1100万人を超える外国人客が訪れている。現時点での滴滴の海外業務ネットワークにおける最大の都市だ」とした。

続けて、「10月1日から始まる中国の国慶節(建国記念日)の大型連休に、中国、香港、台湾のユーザーは大阪府で、中国版の最新バージョンのアプリを利用してタクシーを呼ぶことが可能になった。滴滴は今後、京都、福岡、東京など全国で展開する予定だ」とした。

さらに、「アプリには日本語と中国語を自動で翻訳するメッセージ機能も備えられているので、日本人運転手とも問題なくコミュニケーションを取ることができる」とした。

その上で記事は、「日本は世界3位のタクシー市場だが、料金の高さや市場の萎縮という課題に直面している。ウーバーは2017年の新CEOの就任後、日本市場をますます重視している。滴滴とウーバーは今年に入ってから、日本のタクシー産業の争奪戦を繰り広げている。ウーバーは今年、兵庫県の淡路島でタクシー配車サービスの実証実験をスタートしている」とし、「滴滴も今年に入ってから国際化戦略を推進し、ブラジル、メキシコ、オーストラリアの市場を開拓した。同社は2016年にウーバーの中国事業を買収している。今回の大阪上陸は、アジアの主要市場におけるウーバーとの競争が再び繰り広げられることを示している」とした。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/09/27 22:59)

    昨日も淡路島を縦断したが、なぜあんな需要が低いところでタクシーの実証実験を?と首を傾げたまま元に戻せないのが現状。普通に京都とか姫路城周りでやればいいのにと思った。 大阪の交通状況は地元の日本人ドライバーなら問題ないが、中国人が運転するようになったらきっと救急車が足りなくなり、安置室が溢れ返るだけだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/09/27 18:36)

    日本で米不足が起きたとき〈タイ米〉の輸入が認可されたことがある。しかしタイ米の袋から〈ネズミの死体〉が見つかったため、誰もタイ米を買わなくなってしまった。一説には日本の米農業を守るための〈自作自演〉だったとも言われている。今回も配車サービスを利用した女性客が運転手に乱暴される事件が起きるかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事