スウェーデン政府関係者、中国侮辱番組は「言論の自由」―中国メディア

配信日時:2018年9月27日(木) 10時50分
スウェーデン政府関係者、中国侮辱番組は「言論の自由」―中国メディア
画像ID  1028581
26日、観察者網は、スウェーデンのテレビ局が中国人を侮辱する内容の放送を行ったとして中国政府が抗議したことに対し、スウェーデン政府関係者が「言論の自由の範囲内」とコメントしたと報じた。資料写真。
2018年9月26日、観察者網は、スウェーデンのテレビ局が中国人を侮辱する内容の放送を行ったとして中国政府が抗議したことに対し、スウェーデン政府関係者が「言論の自由の範囲内」とコメントしたと報じた。

スウェーデンの公共テレビ局、スウェーデン・テレビ(SVT)が現地時間21日夜に放映した番組で、キャスターが先日同国内で警察官とトラブルになり物議を醸した中国人観光客の口まねをしたほか、中国人に対する「注意」として「歴史的建物の周囲で大便をしてはいけない」などと発言するシーンがあった。記事は、番組で使用された中国の地図に台湾などが描かれていなかったとも主張している。

そして、25日にスウェーデン外務省関係者がスイス紙アフトンブラーデットのインタビューで「先週末に中国大使館から連絡があり、彼らの意見や態度が伝えられた」ことを明かすとともに、「今回の問題はスウェーデンにおける言論の自由の範囲内」との見解を示したと伝えた。

中国大使館は25日「SVTの番組責任者による声明は、番組中における人種差別的言動について詭弁(きべん)を弄(ろう)して責任逃れをしようとしている。このような『謝罪』は決して受け入れない」とし、番組スタッフに対して誠意ある謝罪を要求していた。

また、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官も24日に「完全にメディアとしての職業道徳に乖離(かいり)しており、強く非難する」と発言している。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/09/28 14:58)

    中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官が「完全にメディアとしての職業道徳に乖離(かいり)しており、強く非難する」と言ったそうですが,一体どの口がこんなことを言うのでしょう。党と政府の喉と舌となり,御用メディアと成り下がってしまっている中国のメディアが「メディアとしての職業道徳から乖離していない」と言えるのですか。「人民」から強く非難されるに値しないとでも言うのですか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/09/28 09:25)

    ホテル従業員と中国観光客とも母国語ではない英語でコミュニケーションしてて、中国人が「親が病気なんだ、死んだらどうするんだ!」とクレーム入れた時、ホテルスタッフは慌ててしまい、警察に通報。これで状況は一気に悪化。 外国行く時は常に言動に注意して、トラブル回避すべきなのに・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/09/27 11:38)

    まずはどこでも見境なくウ〇コする悪い癖を治してから反論しような。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事