Record China

ヘッドライン:

日本の女優っていい演技するのにこんなにギャラ安いの?!中国で驚きの声

配信日時:2018年9月26日(水) 22時0分
拡大
26日、中国版ツイッター・微博で、日本の雑誌が伝えた女優のギャラデータが紹介された。資料写真。

2018年9月26日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の雑誌が伝えた女優のギャラデータが紹介された。これに中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

投稿主が紹介したのは、「女性自身」が発表した「2018年秋ドラマ女優ギャラ番付」。「1回(1週)放送あたり」との注意書きが添えられたこの番付で「東の横綱」となったのは「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」に出演する米倉涼子。ギャラは500万円だそうだ。

米倉に続くのが、120万円の中山美穂(「黄昏流星群」)と鈴木保奈美(「SUITS/スーツ」)で、新垣結衣(「獣になれない私たち」)、沢口靖子(科捜研の女 season18)、黒木瞳(「黄昏流星群」)が100万円、有村架純(「中学聖日記」)、安藤サクラ(「まんぷく」)、木村佳乃(「あなたには渡さない」)、松下奈緒(「まんぷく」)が90万円などとなっている。

これを見た中国のネットユーザーからは「日本の女優っていい演技するのにギャラ安いんだね。それに比べたら中国はびっくりするほどの多さ」「良心的」「あまりにも安い!」「このギャラを事務所とどうやって分けるの?」など驚きの声が上がっており、この他「中国では1回80万元(約1300万円)」「日本メディアは最近、ファン・ビンビンの騒動に注目している。ある番組は中国の女性スターのギャラを紹介していた」などの書き込みも見られた。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「不仲説は本当だった?」元KARAク・ハラの暴行騒動、日本で活躍中の元メンバーにも飛び火

18日、韓国・東亜日報によると、韓国ガールズグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラをめぐる暴行騒動が、同じく元メンバーで現在は日本を中心に女優として活躍する知英に飛び火する事態となっている。写真は12年3月、ファンイベントで台北を訪れたKARA。

Record China
2018年9月18日 22時10分
続きを読む

ランキング