<コラム>日本と韓国に影響を受けた中国の「網紅」、日本留学を決めた理由は…

配信日時:2018年10月2日(火) 22時50分
日本と韓国に影響を受けた中国の「網紅」、日本留学を決めた理由は…
画像ID  1028371
中国の「網紅」と呼ばれる人たちをご存知だろうか。今回は、中国版ツイッター・微博で50万人を超えるフォロワーを有する「在日本小社長(日本に住む若い社長)」さんに色々と話をお伺いした。写真は在日本小社長さん。筆者提供。
中国でインターネット上の有名人(人気者)を意味する「網紅(ワンホン)」と呼ばれる人たちをご存知だろうか。

その他の写真

ただ、有名人とは言っても、芸能事務所などに所属するアイドル、タレントなどのプロフェッショナルなエンタメ集団とは異なり、そのほとんどは学生や会社勤めなどをしていた一般の方たちだ。

「網紅」は自身のSNS(微信、微博、Tik Tokなど)でコンテンツを配信することにより、多くのフォロワーを獲得することに成功し、中国のネット上で大きな影響力を持っていると言われている。ここ数年、日本で起きている「突然、無名の商品に受注が殺到している」といった摩訶不思議な事態や、「今までまったく注目されていなかったお店に大量の中国人観光客が訪れだした」といった珍現象の裏には、実は「網紅」がこれらの商品の宣伝をしていたという事例が数多く報告されている。

では、一般の日本人にとって未知の世界の住人とも言える「網紅」とは、どんな人たちなのだろうか。今回は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で50万人を超えるフォロワーを有する「在日本小社長(日本に住む若い社長)」さんに色々と話をお伺いした。

筆者:在日中国人で「網紅」やってる人って、ぶっちゃけ謎なイメージしかないんですよ。普段、何やってるんだろうって(笑)。

小社長:えっ?私は常にSNSに投稿するネタ探しをしていますよ(笑)。日本の綺麗な風景だったり、珍しいものを写真・動画に撮影したりしています。あと、まだ国内の中国人に知られていない珍しい商品や、新しい美容関連の商品を探して、いち早くSNSで配信することを心がけていますね。

筆者:そういう商品は、やっぱり日本のニュースを見て情報入手しているんですか?

小社長:ニュースはほとんど見ません。日本のツイッターやインスタグラム、それから友人が微信(中国のSNS)で発信している情報などを参考にしています。

筆者:なるほど!ちなみに、小社長は日本に来てどれくらいなんですか?

小社長:今年で9年目になります。

筆者:おおっ、長い。ちなみに、どうして日本に来ようと思ったんですか?

小社長:まだ、私が中国の大連の高校に在学していた時のことですが、当時、大連在住の日本人と韓国人が多かったこともあり、日本と韓国のファッション文化にとても影響を受けました。将来ファッション関係のビジネスをしたかったこともあり、高校を卒業したら、韓国より経済規模の大きな日本に留学しようと決めていました。

筆者:実際、日本に来てみてどうでしたか?コミュニケーションの面で困ったことなどはありませんでしたか?

小社長:当初、日本語学校に入学したばかりの頃は「あいうえお」しか分からなくて大変でした。ですから、少しでも日本人のコミュニティに馴染もうと、日本人スタッフの多いイタリアン居酒屋などで働きました。当時は、とにかく日本人と交流し、日本語を使うことを心がけました。来日してから最初の3年間はほとんど日本人の友達と交流しました。その甲斐もあって、日本語を使った簡単なコミュニケーションには、ほとんど困らなくなりました。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事