Record China

ヘッドライン:

「韓国に比べ台湾は…」=慰安婦問題で日本への謝罪要求が持ち上がるたびに分裂する台湾に失望―台湾総統府・元副秘書長

配信日時:2018年9月27日(木) 7時20分
拡大
25日、中国台湾網は、台湾総統府の元副秘書長、羅智強氏が発表した慰安婦問題をめぐる文章を紹介した。写真は台湾台南市に設置された慰安婦像。

2018年9月25日、中国台湾網は、台湾総統府の元副秘書長、羅智強(ルオ・ジーチアン)氏が発表した慰安婦問題をめぐる文章を紹介した。以下はその概要。

日本への謝罪・賠償要求の話をするたびに、台湾内部の分裂に失望してしまう。前国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)氏は先日、日本に謝罪を要求したが、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統、謝長廷(シエ・チャンティン)駐日台湾代表はどうだろうか?

潘氏は先日出席したフォーラムで、「慰安婦は人権、尊厳における最も重大なテーマ。日本は心を開いて過去に起きた事実を認めるべきだが成し得ていない」「一部の国は前向きな態度で戦争の結果に向き合うことができる。例えばドイツだ。しかし、日本などは今になっても真心を込めた謝罪ができない」などと述べた。これはまさに民進党のダブルスタンダードを指している。民進党はドイツに学ぶのではなかっただろうか?慰安婦像1体の設置すら「度を超える要求」なのだろうか?

韓国の民間団体がソウルにある日本大使館の前に設置した慰安婦像は日本に大きな圧力を与えた。そして、15年の日韓合意で日本は謝罪に同意し、10億円を拠出した。台湾人にとっては荒唐無稽な話のように思えるが、驚くことに韓国人は「日本の謝罪には誠意がない」と憤ったのだ。

その後、釜山の日本総領事館前に設置された像について、日本は「合意違反」として韓国政府に撤去を求めた。これに対して潘氏は「10億円を返すことになっても像の撤去はできない。これは韓国社会全体の意思の表れだ」と指摘した。韓国にとって慰安婦問題はもはや金銭的な賠償問題ではないのだ。彼らは正義を求めている。そして時間をかけて日本と争う準備をすでに整えている。

残念ながら、台湾は民進党政権になってから完全な「親米、依日、反中」となった。台湾はすでに慰安婦の正義を求めるためのいかなる手段も持っていない。謝氏は日本側の立場に立ち、「(台南市に設置された)慰安婦像は台日友好を破壊」と非難した。台北市の柯文哲(カー・ウェンジャー)市長も「軍中楽園」(戦後に作られた軍公認の慰安所)を引き合いに出し、同市での像設置に積極的な態度を示さなかった。「軍中楽園」に関心を寄せるのなら、公権力を使って責任追及するなどしてほしい。しかし、これを日本に謝罪要求をしないための口実にしてはならない。

すべての台湾人はある問題に向き合う必要がある。それは「あなたは日本の側に立つのか?それとも元慰安婦のおばあさん側か?」だ。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング