ソウルで「韓国人が愛した2000年代の日本映画展」開催、選ばれた作品は?=韓国ネット「日本特有の静かな感性がいい」「今の日本映画は…」

配信日時:2018年11月20日(火) 19時10分
ソウルで「韓国人が愛した2000年代の日本映画展」開催、選ばれた作品は?
画像ID  1028210
19日、韓国・聯合ニュースは「韓国人が愛した2000年代の日本映画18本がソウルで上映される」と報じた。写真はソウル。
2018年11月19日、韓国・聯合ニュースは「韓国人が愛した2000年代の日本映画18本がソウルで上映される」と報じた。

記事によると、国際交流基金ソウル文化センターとアットナインフィルムは今月28日から12月2日まで、ソウル市内のアートナインで「2000年代、魔法にかかった日本映画」をテーマに日本映画企画展を開くと発表した。同年代は日本映画が大きな変化を迎えた時期で、デジタル技術の発展により低予算でも映画制作が可能になった。また映画教育が活発になり、才能ある若い人材が頭角を現した時期でもあった。マンガや音楽など複合的なコンテンツが加わった「ポップカルチャー現象」もこの時期だ。一方韓国では、1998年に日本大衆文化が解禁され、韓国人が日本映画に親しむようになった時期だという。

主催側はアンケートを実施し「韓国人が愛した日本映画18本」を決定。「嫌われ松子の一生(2006年)」や「ジョゼと虎と魚たち(03年)」「誰も知らない(04年)」「メゾン・ド・ヒミコ(05年)」「下妻物語(04年)」「ハチミツとクローバー(06年)」「いま、会いにゆきます(04年)」などが選ばれた。

また同時期に在日韓国人イ・サンイル監督の特別展も開催され、「69 sixty nine(04年)」「フラガール(06年)」「怒り(16年)」などの代表作も見れるという。

これを受け、韓国のネット上では「日本特有の静かな感性がいい。ついつい日本の恋愛ものを見てしまう」「もう一回見なきゃ」などの声が上がり、「おススメの日本映画」を発表するコメントも多く見られた。

一方で「日本から(過去の歴史について)ちゃんとした謝罪も受けてないのに、日本映画を見たいと思う?」「元慰安婦のおばあさんへの謝罪を要求する姿と日本を観光する数十万人の韓国人の姿は不思議な関係」など複雑な心境を吐露する声も。

その他、今の日本映画について「演技も下手だし、コスプレや下手なCGばかり」と厳しく指摘する声も見られた。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事