Record China

ヘッドライン:

ソウルで「韓国人が愛した2000年代の日本映画展」開催、選ばれた作品は?=韓国ネット「日本特有の静かな感性がいい」「今の日本映画は…」

配信日時:2018年11月20日(火) 19時10分
拡大
2018年11月19日、韓国・聯合ニュースは「韓国人が愛した2000年代の日本映画18本がソウルで上映される」と報じた。

記事によると、国際交流基金ソウル文化センターとアットナインフィルムは今月28日から12月2日まで、ソウル市内のアートナインで「2000年代、魔法にかかった日本映画」をテーマに日本映画企画展を開くと発表した。同年代は日本映画が大きな変化を迎えた時期で、デジタル技術の発展により低予算でも映画制作が可能になった。また映画教育が活発になり、才能ある若い人材が頭角を現した時期でもあった。マンガや音楽など複合的なコンテンツが加わった「ポップカルチャー現象」もこの時期だ。一方韓国では、1998年に日本大衆文化が解禁され、韓国人が日本映画に親しむようになった時期だという。

主催側はアンケートを実施し「韓国人が愛した日本映画18本」を決定。「嫌われ松子の一生(2006年)」や「ジョゼと虎と魚たち(03年)」「誰も知らない(04年)」「メゾン・ド・ヒミコ(05年)」「下妻物語(04年)」「ハチミツとクローバー(06年)」「いま、会いにゆきます(04年)」などが選ばれた。

また同時期に在日韓国人イ・サンイル監督の特別展も開催され、「69 sixty nine(04年)」「フラガール(06年)」「怒り(16年)」などの代表作も見れるという。

これを受け、韓国のネット上では「日本特有の静かな感性がいい。ついつい日本の恋愛ものを見てしまう」「もう一回見なきゃ」などの声が上がり、「おススメの日本映画」を発表するコメントも多く見られた。

一方で「日本から(過去の歴史について)ちゃんとした謝罪も受けてないのに、日本映画を見たいと思う?」「元慰安婦のおばあさんへの謝罪を要求する姿と日本を観光する数十万人の韓国人の姿は不思議な関係」など複雑な心境を吐露する声も。

その他、今の日本映画について「演技も下手だし、コスプレや下手なCGばかり」と厳しく指摘する声も見られた。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

スペインの映画祭PRポスターに「旭日旗」、開幕式で韓国人監督が苦言「ナチス旗と同じ意味」

15日、韓国メディア・ビズエンターによると、スペインで開催されている「第28回ファンシネ‐マラガファンタスティック映画祭」で旭日旗デザインが使われていることについて、開幕作の韓国映画「物の怪」を製作したホ・ジョンホ監督が苦言を呈した。写真は旭日旗。

Record china
2018年11月16日 8時20分
続きを読む

韓国に今「日流ブーム」が巻き起こっている理由=韓国ネット「韓国人は世界一日本を愛している」「韓国らしさが失われていく」

2日、韓国メディアは「韓国で最近“日流”ブームが巻き起こっている」とし、その特徴について「大衆性・多様性がある」と分析した。日本文化を楽しむ人が増え、その対象も以前より多様化し、大衆的になってきているという。写真はソウル。

Record china
2018年4月3日 9時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング