危機感が強すぎる日本、F22とF35を合体した第5世代戦闘機を造ろうとしている―中国メディア

配信日時:2018年9月27日(木) 0時10分
日本がF22とF35を合体した第5世代戦闘機で中国に対抗しようとしている!―中国メディア
画像ID  1028186
25日、網易軍事は、日本がF22とF35を合体した第5世代戦闘機を造って中国に対抗しようとしているとする記事を掲載した。写真はF35。
2018年9月25日、網易軍事は、日本がF22とF35を合体した第5世代戦闘機を造って中国に対抗しようとしているとする記事を掲載した。以下はその概要。

日本は先進の戦闘機に対する欲求を持ち続けてきたが、長年にわたり輸入か自作かの間で揺れてきた。これまでF1、F2の国産戦闘機を開発してきたが、いずれも外国の戦闘機を改造したものであったほか、実際の性能は図面で設計したものに及ばず、なんとか作り上げたという感じだった。

第5世代戦闘機の時代がやってきて、日本は「心神」実証機に希望を託してその開発に400億円をつぎ込んだ。2016年に初飛行に成功するが、その後研究開発事業は頓挫し、今後についても日本政府内部で意見の統一が図れていない状況だ。

そうなると、国外からの技術導入が残された選択肢となる。日本はすでに米国からF35A戦闘機を導入し、その一部組み立て作業を日本国内で行っている。巨額の代価を支払ってでも、先進の戦闘機製造の経験を一部でも獲得したいのだ。

そして近頃、ロッキード・マーティン社がF22の改造計画を発表した。世界屈指のステルス戦闘機とあって、日本は随分前からF22に垂涎(すいぜん)してきたが、米国議会が安全保障上の理由から輸出を禁止する決定を下したため、日本の望みはかなえられずにいたのだ。

同社が打ち出したのは、F22の機体にF35の技術を用いて新しい第5世代戦闘機を造るという折衷案だ。このプロジェクトは技術的に大きな問題はないのだが、実際日本が造るとなると新たな問題に直面することになる。

まず、米国議会がこのプロジェクトを認めるかどうかが分からない。次に、仮に議会がプロジェクトを認めたとしても、本当に重要な技術の移転を実現することはあり得ないだろう。そして最後に、飛行機の建造費用が予算をはるかに超える可能性がある。F22は生産ラインを再始動するだけで100億ドル(約1兆1300億円)という日本の予算の4分の1に相当する金額が必要との情報がある。もし日本がF35同様組み立てを自分でやりたいと言い出せば、生産プロセスが複雑化してコストがさらに高まるはずだ。

それ故に、日本の次世代戦闘機はまるで「純金」で作られたように高価な代物になる可能性が高いのである。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事