2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

ステルス失敗?米F22、ロシアSu35のレーダーに捉えられる―中国メディア

配信日時:2018年9月26日(水) 11時40分
ステルス失敗?米F22、ロシアSu35のレーダーに捉えられる―中国メディア
画像ID  1028185
25日、環球網は、ロシアのSu35戦闘機が、高いステルス性能を持つ米国のF22戦闘機の姿をシリア上空で捉えたと報じた。写真はF22。
2018年9月25日、環球網は、ロシアのSu35戦闘機が、高いステルス性能を持つ米国のF22戦闘機の姿をシリア上空で捉えたと報じた。

記事は、軍事系サイト「ディフェンス・ブログ」で24日に発表された文章を紹介。同日、インスタグラム上にSu35が操縦席の多機能レーダーディスプレイでF22の姿を捉えたとする写真が掲載されたという。

記事によると、写真の左側に映っているレーダー画面は「ぼかし」がかかっており、捉えた飛行機がF22かどうかは判別できないものの、右側のOLS35センサー映像画面に映っている戦闘機はF22特有のフォルムをしているという。また、映像画面の背景などから「撮影当時Su35がF22の上方に位置し、急降下状態にあったことが分かる」とのことだ。

記事は「OLS35はSu35戦闘機に配備されている赤外線捜索・追跡システムであり、赤外線センサー、レーザー測定器、目標指示装置、ビデオカメラを備えている。主に半径50キロ以内の飛行機の位置を確認するのに用いられ、短距離におけるステルス戦闘機の発見を非常に得意とする。戦闘機前方の空域をスキャニングし、対象のエンジンが発するエネルギー特性や飛行中に機体表面に生じた摩擦の跡を検知することができるのだ」と解説している。

ディフェンス・ブログで発表された文章の筆者は「F22のステルス性が万能ではないことが証明された」としている。

記事は「ロシアがシリアの軍事衝突に介入して以降、シリアはSu35、Su30SM、Su57などロシアの新型装備の実験場となっている。一方米国のF22、イスラエルのF35など新型ステルス戦闘機もシリアで活動しており、米ロ両国の戦闘機が相対する可能性は高い」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • har***** | (2018/09/26 16:13)

    正面方向からレーダーに映らないと言うだけの事 当然上下方向からはハッキリと見えるだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/09/26 15:26)

    真上からの探知だとでかくて平たい翼のせいで電波の乱反射があまりないのでは。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/09/26 13:33)

    まあ、よく言われる話で、軍事技術は「矛盾」の繰り返しって事でね。 ステルス技術は「レーダー」に対する「盾」だった訳だが、それを貫く「矛」としてOLS35が開発されたという訳だ。 ガンダムで言うと、レーダーを無効化するミノフスキー粒子と、その中でも敵を感知できるニュータイプ能力の関係に近いだろうか。 軍事技術で永遠に優位性を保てるものなど存在しない。莫大な資金を投入した技術でも、数年~数十年でそれらは古くなり、別な技術が優位性を得る。 人類の技術の進歩という点では軍拡競争も無駄ではないのかも知れないが、それは常に「人を効率よく殺すため」「物を効率よく壊すため」の技術でもある。 そして、その技術を手にする者が常に善人であるとは限らない。 今現在人類の存亡を左右するのは、軍事技術や軍隊そのものではなく、いかにそれらを「使わないで済むか」「使わせないようにするか」を考えることだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事