Record China

ヘッドライン:

イラン石油相「わが国から石油の購入を止めたのは韓国だけ」―中国メディア

配信日時:2018年9月26日(水) 11時20分
拡大
25日、海外網は、イランのザンギャネ石油相が米国による制裁の影響について「わが国から石油の購入を止めたのは韓国だけ」と発言したことを報じた。資料写真。

2018年9月25日、海外網は、イランのザンギャネ石油相が米国による制裁の影響について「わが国から石油の購入を止めたのは韓国だけ」と発言したことを報じた。

記事は「米国は今年5月、一方的にイラン核合意から離脱してイランへの制裁再開を宣言したが、今のところ制裁はイランの石油輸出に大きな影響を及ぼしていないようだ」とした上で、トルコの放送局TRTが25日に報じた内容を紹介。同日テヘランで開かれた石油化学製品展示会に出席した同石油相の発言を伝えた。

同石油相は「韓国はこの約3カ月わが国から石油を購入していないが、それ以外の国は購入をストップしていない」とした。また、24日には「長期的に見て、米国による制裁がわが国の原油輸出量をゼロにすることはできない。短期的な話をすれば、それは永遠に実現できない夢だ」とも語っていた。

米ABCによれば、同石油相は石油輸出国機構(OPEC)とロシアを含む非OPEC産油国が23日に実施した会議で石油の増産に関する決定を行わなかったことに対して「どの国もトランプ米大統領に積極的に呼応しなかった。これはトランプ氏の重大な失敗だ」と歓迎の意向を示したという。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本政府の難しい選択、イラン原油輸入をどうする?―中国メディア

米国の一連の動きにより、日本は打撃を受けて対処に困っている。エネルギーや資源の多くが輸入に頼る日本にとってイラン産原油は不可欠のもので、イランとの経済貿易関係を維持しつつも、同盟国・米国に逆らうこともできず、日本政府は難しい選択を迫られている。資料写真。

人民網日本語版
2018年7月25日 7時20分
続きを読む

米国がイラン産原油の輸入停止要求、日韓は除外に期待―中国メディア

日本政府と韓国政府の関係者によると、米国がイランへの制裁を再発動し、各国にイラン産原油の輸入を完全停止するよう求めたため、両国政府は現在、米国と協議をしており、自国企業が二次的制裁から除外されることを期待しているという。資料写真。

人民網日本語版
2018年6月30日 7時30分
続きを読む

ランキング