ラーメン「一風堂」の深セン第2店舗がオープン、足掛け3年で中国大陸17店を達成など

配信日時:2018年9月26日(水) 9時20分
一風堂の深セン第2店舗がオープン、足掛け3年で中国17店達成など
画像ID  1028116
力の源ホールディングス(福岡市)は25日、「一風堂」深圳SCP PLAZA 店を21日にグランドオープンしたと発表した。中国本土では同店が2016年に杭州店(浙江省)を開店して以来の17店舗目、深セン市では2店舗目。
<日中経済・新事情>
関連用語: 力の源ホールディングス、一風堂、ラーメン、深セン / ルネサス エレクトロニクス、アリババ、IoT、戦略提携 / ジオネクスト、少子高齢化、ヘルスケア、上海、子会社設立 / KTC(京都機械工具)、 / KTC(京都機械工具)、子会社操業停止、OEM、子会社操業停止、福清

●一風堂、深セン第2店舗をオープン、16年に杭州店で中国進出してから17店舗目
力の源ホールディングス(福岡市)は25日、傘下のCHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD.(シンガポール)が、現地ライセンスパートナーであるRAMEN CONCEPTS LIMITED(香港)と共に、「一風堂」深圳SCP PLAZA 店を21日にグランドオープンしたと発表した。中国本土では同店が2016年に杭州店(浙江省)を開店して以来の17店舗目、深圳市では2店舗目。主力メニューは特製城丸(52元、約855円)、特製赤丸(55元、約904円)、特製からか麺(58元、約954円)など。

●ルネサス、アリババとIoT分野で戦略的提携
ルネサス エレクトロニクスは25日、中国(モノのインターネット)IoT市場の成長を加速させるため、阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディングス)の子会社、阿里雲(アリババ・クラウド)との戦略的提携を発表した。アリババのIoT向け組み込み用OS(Operating System)、AliOS Thingsの「RX65N」「RX651」マイコンでのサポートを開始し、オンライン販売のチャネルを拡張、アリババのIoTエコシステムに参加する。

●ジオネクストが上海子会社…ヘルスケア分野、楊社長の知見や経営実績も活用し他企業と協業・支援
ジオネクストは25日、上海市に子会社を設立すると発表した。中国で少子高齢化の問題が喫緊の課題になっている。上海子会社は、日本においてヘルスケア事業を展開し、中国市場を進出を検討する企業を対象に、中国におけるヘルスケア事業に係る協業やビジネス支援を提供する。同社の楊暁軍社長の中国におけるヘルスケア事業に関する専門知識や中国国内で経営実績も活用する。会社名は吉奥莱科特医療健康科技(上海)で11月の設立を予定。資本金は1億元(約16億円)でジオネクストが100%出資する。

●KTC、福建子会社の操業を停止
KTC(京都機械工具、本社・京都市)は25日、福建省・福清市にある75%出資の連結子会社、福清京達師工具(FKTC)の操業を停止すると発表した。FKTCは1995年の設立で、OEM品を主体に自動車および各種産業向けの作業工具を生産してきた。しかし特定分野向けのOEM需要減少に加え、FKTCの設備老朽化が進んだこと、中国国内の生産コスト上昇等により、FKTCの競争力の維持や今後の収益確保が困難になったため、解散と清算に向けた手続きを行う。久御山工場(京都府久世郡)と北陸ケーティシーツール(石川県羽咋市)の国内2拠点を中心にものづくりを再編する。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事