Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>在日中国人の78%、「反日デモ後も生活に影響なし」―華字メディア

配信日時:2012年9月18日(火) 23時7分
拡大
16日、尖閣問題による反日デモの拡大後も、在日中国人の77.6%が「日本での生活に何の影響もなく、普段通りに暮らしている」と答えた。写真は16日、浙江省杭州市で起きた反日デモ。
(1/4枚)

2012年9月16日、中国国外最大の中国語ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)サイト・留園網が在日中国人を対象に行ったアンケート調査によると、尖閣問題による反日デモ拡大後も、回答者の77.6%が「日本での生活に何の影響もなく、普段通りに暮らしている」と答えた。

その他の写真

調査には日本に住む中国人1439人がインターネットによる投票形式で参加。中国での反日デモ拡大を受け、日本での生活に関する6項目について尋ねた。

「尖閣問題によるデモ拡大で、日本での生活が打撃を受けたか」との問いには、77.6%が「影響はない。普段通りに暮らしている」と回答。「影響はあったが大きくない」(20.2%)、「影響は大きい。日常生活に支障がある」(2.2%)を大きく上回った。

「日本人は尖閣問題をどう見ていると思うか」との問いには、60.8%が「少なくとも自分が接する日本人に、関心がある人は多くない」と回答。「日本人はそもそも尖閣問題に関心がなく、メディアや政治家が話題にしているだけ」は24.3%で、日本人の関心の低さを指摘する声が8割を超えた。一方、「日本政府の尖閣問題に対する立場は、日本の民意を代表している」は12.6%、「尖閣問題に対する日本の民意は、日本政府の態度より強硬だ」は2.3%にとどまった。

「尖閣問題による日中対立をどう思うか」には、53.9%が「日中両国が自制し、争いを棚上げし、安定を維持してほしい」と回答。「尖閣諸島は中国の領土で、中国は強気に出るべきだ」は34.7%、「自分には関係がないのでどうでもいい」は9.5%、「尖閣諸島は日本の領土だ」は2.0%だった。

「日本に住む中国人は今後どうなると思うか」には、78.3%が「なんとも言いがたい。状況をみて進むべき」と回答。「在日中国人を取り巻く環境は悪くなる」と悲観する人は12.6%、「将来は明るい」は9.0%だった。

「日本に暮らして日本人に差別を受けたことはあるか」は、64.1%が「受けたことはあるがごくたまに」、29.3%が「差別を受けたことはない」と回答。「いつも差別されている」は6.5%だった。

「日本に対する好感度」は、48.0%が「想像したほど良くはなかったが、全体的にはいい」と回答。「まあまあ」が29.8%、「とても良い」が18.6%とおおむね良好で、「ひどい」と答えた3.6%を大きく上回った。(翻訳・編集/AA)

関連記事

<在日中国人のブログ>反日デモ繰り返す中国人に知ってほしい、「日本人はそれでも僕たちに親切」

14日、尖閣諸島の国有化に反発し、中国各地で反日デモが行われるなか、日本で学ぶ中国人留学生が自身のブログで「日本人はだからといって中国人に嫌がらせをするようなことはしない」と論じた。写真は13日、北京の日本大使館前で行われた反日デモ。

Record China
2012年9月17日 12時25分
続きを読む

自転車旅の日本人青年、雲南省の被災地で救援活動…そして反日攻撃に遭う―中国

17日、自転車で世界一周旅行中の日本人として中国で有名になった青年が、滞在先の雲南省で大勢の地元民に襲われたことがわかった。現地では今月初旬に大地震が発生し、青年は救援活動のために被災地を訪れたところだった。写真は2012年2月、武漢市で撮影。

Record China
2012年9月18日 13時48分
続きを読む

<尖閣問題>反日デモに関する意見を探っていたら、いきなり検索不能に―中国版ツイッター

18日、柳条湖事件勃発にちなんで、大規模な反日デモが行われると目されていた中国。日を追って拡大するデモだが、一般の意見はこれに賛同しているのか?“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトで声を拾った。写真は16日、浙江省杭州市で行われた反日デモ。

Record China
2012年9月18日 21時11分
続きを読む

ランキング