スウェーデンの「中国への侮辱」が外交問題に発展した2つの理由―米華字メディア

配信日時:2018年9月25日(火) 18時20分
スウェーデンの「中国への侮辱」が外交問題に発展した2つの理由
画像ID  1027811
24日、米華字メディア・多維新聞は、中国人観光客がスウェーデンで遭遇したトラブルが両国間の外交問題にまでエスカレートした背景について解説する記事を掲載した。写真はストックホルム。
2018年9月24日、米華字メディア・多維新聞は、中国人観光客がスウェーデンで遭遇したトラブルが両国間の外交問題にまでエスカレートした背景について解説する記事を掲載した。

先日、スウェーデンで中国人観光客がホテル従業員や警察官との間でトラブルを引き起こし、「警察官から粗暴な扱いを受けた」として中国政府がスウェーデン政府に抗議する事態に発展した。また、その後、スウェーデンのテレビ局が中国人を侮辱する内容の放送を行ったとして、中国外交部が非難のコメントを発表している。

記事は「スウェーデンは西側諸国の中で真っ先に中国を承認した国であり、中国がWTOに加入した直後の2000年には華為(ファーウェイ)の現地進出を認めた。中国による投資に対しても寛容で、EU域内における中国の投資額が最も多い国となっている。こうして見ると、両国の関係は決して悪くないのだが、どうして今回の件では互いに突っ張り合っているのか」とした上で、その謎を解く2つのヒントを提示している。

1つめは、中国政府が分裂主義者と敵視してるチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が12日にスウェーデンを訪問し、公開演説に出席したことを挙げた。「中国外交部は『断固』という表現を複数回用いてスウェーデン政府を非難した」とし、「今回の中国人観光客事件とは必然的な関係はないが、確かに事件への中国の反応を激化させた要因だろう」と論じた。

2つめは、スウェーデン国内の排外的感情が関係していると指摘。「外交的には悪い関係ではないが、国内の反中感情は決して小さくない。難民が急増する中で国内の排外感情はますます際立っており、『危険なエリア』も拡大している。市民は不安感とともに排外的な感情を強めている」ことが背景にあるとしている。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • com***** | (2018/09/25 21:20)

    中国の友好とは他国を舎弟にすることだからな! 自国民が他国でイヤな思いをしたことに対しメンツだけで抗議した中国 スウェーデンは放っておけばよかったんだろうに・・・ スウェーデンには同情するが中国には同情の余地ナシ!!!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事