Record China

ヘッドライン:

「桃田賢斗が負けた!」=中国オープンの結果に中国ネット驚き

配信日時:2018年9月25日(火) 15時20分
拡大
23日、中国中央テレビは、バドミントン中国オープン男子シングルス決勝で日本の桃田賢斗がインドネシアのアンソニー・ギンティンにストレート負けしたことを報じた。写真は桃田。

2018年9月23日、中国中央テレビ(CCTV)は、バドミントン中国オープン男子シングルス決勝で日本の桃田賢斗がインドネシアのアンソニー・ギンティンにストレート負けしたことを報じた。

先日のジャパンオープンで優勝し、今大会も順当に決勝まで勝ち進んだ桃田だったが、23日の決勝では第1ゲームを逆転で落とすと、続く第2ゲームも接戦をものにできずに0‐2でストレート負けを喫し、準優勝に終わった。

桃田の敗戦に中国のネットユーザーは「2ゲームともビハインドからの逆転勝利。ギンティンがすごかった」「桃田を0‐2で負かすって、すごいな」「1ゲーム目でギンティンが5点差をつけられた時点で見るのをやめてしまったらこんなことになっているなんて」「アジア大会以降で覚醒した感じ」「桃田は無敵だと思っていたのに」「桃田が勝てない相手ではないってことを、証明してくれた」「インドネシアの男子バドミントンが復活してきた」など、ギンティンの戦いぶりに対する称賛コメントを多く寄せた。

また「内心、桃田に勝ってほしかったなあ」「今、最もスピードのある2人の対決だった」「今の中国にはこの2人を倒せる選手はいないかも」といった感想も見られた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

バドミントン男子に「桃田時代」到来か、中国の英雄も敗戦に納得、中国ネットも“文句なし”

バドミントンのジャパン・オープンで初優勝を飾った桃田賢斗について、中国のスポーツメディア・新浪体育は16日、「日本のメディアが『バドミントン男子シングルは桃田時代を迎える』と伝えている」と報道した。写真は世界バドミントン選手権で優勝した桃田賢斗。

Record China
2018年9月18日 15時10分
続きを読む

ランキング