バチカンと中国合意、台湾は窮地に―香港紙

配信日時:2018年9月25日(火) 12時50分
バチカンと中国合意、台湾は窮地に―香港紙
画像ID  1027758
24日、大公報によると、キリスト教ローマ・カトリック教会の法王庁と中国政府がこのほど、長年対立してきた司教の任命権を巡る暫定合意に達したことを受け、バチカンと外交関係を結ぶ台湾に危機感が高まっている。写真はバチカン。
2018年9月24日、大公報によると、キリスト教ローマ・カトリック教会の法王庁(バチカン)と中国政府がこのほど、長年対立してきた司教の任命権を巡る暫定合意に達したことを受け、バチカンと外交関係を結ぶ台湾に危機感が高まっている。

記事は「バチカンは欧州で唯一台湾が外交関係を結ぶ国であり、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統も両国関係を特に重視してきた。敬虔(けいけん)なカトリック教徒でもある陳建仁(チェン・ジエンレン)副総統を政権ナンバー2に起用したのも、バチカンとの関係を意識したものだ」と論じた。

また「台湾が現在外交関係を結ぶ国は17カ国に過ぎない。今回の合意を受け、将来バチカンと台湾が断交することになれば、台湾の友好国は欧州に皆無となり、メンツを失うことになる。台湾独立派も窮地に立たされるだろう」とした。

さらに「ローマ法王フランシスコは、アルゼンチン出身のイタリア系。スペイン語やイタリア語など数カ国語を流ちょうに話し、南米諸国への影響力は絶大だ。台湾とバチカンが断交することになれば、南米諸国も追随する可能性があり、台湾は窮地に立たされる」と予測している。(翻訳・編集/大宮)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Tom***** | (2018/09/25 13:39)

    台湾の信徒は前向きに考えているらしいが、中国でカトリックを含めたキリスト教への迫害が終わるわけがない。 教皇フランシスコは史上初の「解放の神学」を容認する教皇と言われている。キューバのラウル・カストロ氏からも信仰を取り戻したいと言われるほど大絶賛されている。 中国は、愛国的で社会主義と共に歩む教会しか認めていないが、中国のカトリック教会は、今後バチカンからも公認されるだろう。そして福音を宣べ伝えることよりも、慈善事業を積極的に行い、ますます社会主義と共に歩む教会となるだろう。 それを「キリスト教会」と呼べるかは疑問だが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事