Record China

ヘッドライン:

「尖閣は中国のモノと叫べば15%オフ」=あれやこれやの「愛国商戦」を展開―中国

配信日時:2012年9月18日(火) 10時29分
拡大
16日、中国で愛国主義を商売につなげようとあの手この手のセールが登場している。写真は15日、北京の自動車販売イベントに出現した「愛国消費、国産品を買おう」とのキャッチコピー。
(1/8枚)

2012年9月16日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「釣魚島営業戦」を掲載した。

その他の写真

「釣魚島(日本名は尖閣諸島の魚釣島)は中国のものと叫べば15%オフ、日本人も中国のものと叫べば20%オフです」。これは湖北省武漢市のアパレルショップのキャンペーンだが、中国各地で同様の尖閣営業戦が繰り広げられている。

他にも浙江省杭州市のスポーツジムは「日本の尖閣侵略に抵抗するため体を鍛えよう」との宣伝チラシを作った。陝西省西安市のホテルはなんと店名を「釣魚島ホテル」に改名した。中国人の商魂のたくましさが新たに証明された形だが、ネットユーザーの中には愛国を乱用せず、製品の質で日本を倒して欲しいとの意見もあった。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<在日中国人のブログ>反日デモ繰り返す中国人に知ってほしい、「日本人はそれでも僕たちに親切」

14日、尖閣諸島の国有化に反発し、中国各地で反日デモが行われるなか、日本で学ぶ中国人留学生が自身のブログで「日本人はだからといって中国人に嫌がらせをするようなことはしない」と論じた。写真は13日、北京の日本大使館前で行われた反日デモ。

Record China
2012年9月17日 12時25分
続きを読む

ランキング