2027年にインドが中国を抜いて世界一の人口になる見通し=「別にインドと競いたくはない」―中国ネット

配信日時:2019年6月24日(月) 9時0分
27年にインドが中国を抜いて世界一の人口に?中国ネット「別に競いたくはない」
画像ID  1027614
18日、毎日経済新聞網は、国連が発表した報告書「2019年世界人口予測」について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はインド。
2019年6月18日、毎日経済新聞網は、国連が発表した報告書「2019年世界人口予測」について紹介する記事を掲載した。

同報告書によると、世界人口はこの先30年でさらに20億人増加する見込みで、19年の77億人から50年には97億人、100年には110億人近くにまで達する見込みだという。

同報告書は、この先30年の人口増加の約半数が、インド、ナイジェリア、パキスタン、コンゴ民主共和国、エチオピア、タンザニア、インドネシア、エジプト、米国の9カ国に集中する見通しだとしている。

また、同報告書は27年ごろにインドが中国を超えて世界一の人口になる見通しで、60年にインドの人口は16億人に達することが予想されるとした。

これに対し、中国のネットユーザーから「別にインドと競いたくはない。人口は多ければ多いほど良いというわけではない」「早く中国を超えちゃっていいよ」などのコメントが寄せられた。

また、「インドの人口と環境を考えると、人口が16億人になったらどうなるのか想像もできない」「ということはますます土地が貴重なものとなり、住宅価格が高騰するな」などの意見もあった。

ほかには、「国連の言ったことが正確だったためしがない」との指摘や、「2100年まで地球がもつのかどうか心配だ」「なんて恐ろしい数字だ。地球はもう持ちこたえられないだろう」などの不安の声も多かった。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事