Record China

ヘッドライン:

世界の忙しい空港ランキング、北京空港が第2位に―中国メディア

配信日時:2018年9月25日(火) 20時50分
拡大
22日、参考消息は、国際空港評議会が発表した昨年の空港統計で、北京空港が世界で2番目に旅客数が多い空港になったと報じた。写真は米アトランタ国際空港。
(1/3枚)

2018年9月22日、参考消息は、国際空港評議会(ACI)が発表した昨年の空港統計で、北京空港が世界で2番目に旅客数が多い空港になったと報じた。

その他の写真

世界176カ国2500カ所あまりの空港に関するデータをまとめたACIの統計で、昨年最も旅客の取り扱いが多かったのは米国のハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港で延べ約1億400万人だった。そして2位には北京首都国際空港が9600万人で入っている。

データによれば、世界的に見て空港の利用客数、貨物の取扱数、離発着回数が顕著に増加しており、昨年の世界全体の空港における旅客取扱数は前年比7.5%増の延べ83億人で史上最高の成長率だった。また貨物の取扱量も同7.7%増加している。

ACIは「注目すべきは中国とインド。両国の旅客取扱数の合計は世界全体の34.5%を占めた。そして、1500万人以上を扱う空港の中で急速な発展を遂げている30空港のうち、両国の空港が16カ所を占めている」とした。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

高速鉄道との競争で国内航空路線の収益が低下―中国

中国の航空市場はこの数年、世界で最も成長が著しい航空市場の一つであり、世界の航空成長源の25%を中国が占めている。しかし高速鉄道との競争によって空路の収益のレベルは大幅に低下している。写真は上海虹橋国際空港。

人民網日本語版
2018年8月17日 14時50分
続きを読む

ランキング