Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>インドが日中対立で漁夫の利?日本の投資が中国からシフトする可能性も―インド紙

配信日時:2012年9月18日(火) 7時47分
拡大
14日、尖閣諸島の領有権をめぐる対立により、日本と中国が投資先をインドに変更する可能性が指摘されている。写真は杭州で開催されたインド投資説明会。
(1/4枚)

2012年9月14日、インド紙タイムズ・オブ・インディアによると、中国は尖閣問題で日本に経済制裁を加える可能性があり、これにより日本のビジネス投資がインドなど他の地区への移転を余儀なくされるという見方がある。環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

情勢悪化に伴い、中国は日本の経済関係に冷淡な対応を取り始めている。上海では、大阪市の上海観光祭への出展が中止され、上海−福島間の航空定期便再開の対話も延期しており、このほか日本への投資も大量に凍結されている状態だという。

専門家は、政治情勢の影響により、日本の投資家が中国に引き続き投資する可能性は低く、インドなど他の地域へ移るものとみている。(翻訳・編集/中原)

関連記事

インド政府通信部門が中国企業の排除を提案、米日韓を歓迎―インド紙

28日、インド電気通信局は中国の通信関連企業との提携を製造業に制限し、インフラ設備やブロードバンドネットワークは米国や日本、韓国などインドとの間で争議のない国に優先させるように提案する報告書を提出した。写真は中国の通信機器メーカー、ファーウェイ。

Record China
2012年8月31日 6時33分
続きを読む

<尖閣問題>日本と徹底的にやり合うのは賢い選択ではない、真の愛国者が取るべき行動とは?―中国紙

28日、中国共産党系メディアは韓暁清・人民日報日本支社長の寄稿記事「日本とのゴタゴタは馬鹿げている、香港の『保釣』活動は国にとって有害行為」を掲載した。写真は17日、日本から飛行機で香港に戻った「保釣」活動家7人。

Record China
2012年8月28日 21時32分
続きを読む

ランキング