Record China

ヘッドライン:

トニー・レオン、日本映画「一九〇五」出演を無期限延期?妻カリーナが発言―香港

配信日時:2012年9月16日(日) 10時20分
拡大
15日、香港最大のエンタメグループ・英皇娯楽集団の創立70周年記念セレモニーに、女優カリーナ・ラウが登場。夫で俳優トニー・レオンの日本映画出演について語った。
(1/8枚)

2012年9月15日、香港最大のエンタメグループ・英皇娯楽集団(EEG)の創立70周年記念セレモニーに、女優カリーナ・ラウ(劉嘉玲)が登場。夫で俳優トニー・レオン(梁朝偉)の日本映画出演について語った。明報が伝えた。

その他の写真

トニー・レオンが黒沢清監督作品「一九〇五」で、日本映画に初出演することが、このほど明らかに。尖閣諸島をめぐって日中間の紛糾が続く中、中国のネットユーザーからトニーに対し「売国奴だ」と非難の声が高まっている。

カリーナによると、「一九〇五」への出演は09年から交渉が続いており、日本側がトニーのスケジュールが空くのを待っている状態。反日感情が高まる中、トニーが同作を降板しないのかについて、「無期限延期になると思う。愛国精神は必要だわ」とコメント。尖閣諸島問題については、「主権問題に関して、徹底的に強い態度を見せなくちゃ」と語ったが、「人と人の間では、調和が必要だと思う」と過激化を望んでいないことも語っている。売国奴扱いされるトニーに“謝罪”を求めるネットユーザーの声には、「大げさすぎるわ」と話していた。

トニーの所属事務所・澤東電影公司では「一九〇五」出演について、「まだ正式な出演契約は交わしていない」と発表している。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

<尖閣問題>中国気象局まで対日報告=省庁、官制団体が歩調をそろえて日本批判―中国

14日、人民網は記事「多数の中央省庁が日本の『尖閣買収』を非難」を掲載した。各省庁、さらには全国総労働組合や全国婦女連合会などの官制団体も次々と抗議の声を上げている。写真は湖北省の商店に貼られた「日本製品ボイコット」のポスター。

Record China
2012年9月15日 17時3分
続きを読む

ランキング