<尖閣問題>20都市以上で反日デモ、北京では暴徒化したデモ隊が警察と衝突―中国

Record China    2012年9月15日(土) 20時44分

拡大

15日、中国国内の20都市以上で大規模な反日デモが発生。北京の日本大使館周辺には数千人が集まり、暴徒化したデモ隊が警官隊と激しく衝突した。写真は14日、日本大使館の車を遮るデモ参加者。

(1 / 3 枚)

2012年9月15日、日本政府による尖閣諸島の国有化に抗議する大規模な反日デモが中国各地で発生した。台湾の今日新聞網が伝えた。

その他の写真

反日デモは北京、上海、広州、西安、珠海など少なくとも20都市以上で発生した。北京の日本大使館周辺には早朝から数千人が集結し、抗議行動を展開。大使館前の道路はデモ隊に完全に占拠された。一部参加者は「日本国旗を降ろせ」と叫びながら、大使館の敷地内に生卵や石、ペットボトルなどを投げ込み、制止する警察隊と激しく衝突。現場は大混乱となった。

日本大使館に投げ込まれたのは生卵や石、ペットボトルのほかに、ビール瓶やトマトなどさまざま。警察隊は大使館内に突入しようとするデモ隊を押し返し、バリケードを築いたが、暴徒化したデモ隊は警官らを旗ざおで激しく殴り、路上のトラフィックコーンを次々と投げつけた。

日本大使館はこうした反日デモを早くから警戒しており、中国当局に警備強化を求めていた。このため多くの警察隊や私服警官が大使館内にも待機していた。デモ隊は「日本が釣魚島(尖閣諸島)を返さなければ、今後も抗議活動を続ける」と話している。(翻訳・編集/本郷)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携