Record China

ヘッドライン:

尖閣問題の裏側で=冷静な対日観を持つ中国の青年が増えつつある―英紙

配信日時:2012年9月16日(日) 5時20分
拡大
14日、英紙フィナンシャル・タイムズ中国語版は記事「分析:中国青年における『理性的対日派』」を掲載した。尖閣問題の激化が報じられるが、一方で冷静な対日観を持つ若者が増えているという。写真は南京大虐殺記念館。
(1/6枚)

2012年9月14日、英紙フィナンシャル・タイムズ中国語版は記事「分析:中国青年における『理性的対日派』」を掲載した。

その他の写真

尖閣諸島問題が深刻化している。日本政府による尖閣諸島買収を受け、北京市など各地で反日デモが繰り広げられている。ネットを見ても過激な言葉があふれかえっている。人民日報社旗下のネット掲示板・強国論壇には「小日本をやっつけろ!!!」というスレッドがあった。

その一方で日本と正常な関係を結びたい、友好関係を結びたいと考える若者も増えている。南京大虐殺記念館を訪問するのはほとんどが若者だが、日本を恨むのではなく、記念館の平和と友好の思想を受け止めようという者もいる。

陝西省からやってきた韓忠(ハン・ジョン)さんもその一人。「日本を恨んではいません。(南京大虐殺も)中国史の一部だと思うのでやって来ました」と語る。中国は強くなったので、このようなことはもう二度と繰り返されないだろうと話していた。

北京外国語大学で日本研究に取り組む周維宏(ジョウ・ウェイホン)教授は、国際化したことで若者たちの日本観が冷静になってきたのではないかと考えている。いまだに教科書の上では日本に対する負の記述が圧倒的だが、冷静に日本を見つめる人は確実に増えている。中国で最も人気のある第二外国語は日本語という事実もその傍証と言えるだろう。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング