Record China

ヘッドライン:

中国版キラキラネーム?「操日本」だけじゃない!もっとスゴイ名前が他にも―中国メディア

配信日時:2012年9月14日(金) 22時5分
拡大
14日、反日感情が高まる中国で、日本をののしる意味となる「操日本」という名を持つ青年が一躍脚光を浴びるなか、実はまだまだスゴイ名前の持ち主がいることが判明した。写真はネームプレートを机に置いて勉強する陝西省西安市の小学1年生。
(1/4枚)

2012年9月14日、日本政府による尖閣諸島の国有化に対する反発が渦巻く中国で、日本をののしる意味となる「操日本(ツァオ・リーベン)」という名を持つ青年が一躍脚光を浴びるなか、実はまだまだスゴイ名前の持ち主がいることが判明した。中国の大手ポータルサイト・捜狐が伝えた。

その他の写真

今年の大学新入生の中で「最も堂々たる名前」として注目を集めているのが、南京審計学院に入学した「是朕(シー・ジェン)」さん。「朕」は皇帝の一人称、「是」は「〜です」で、つまり「私は皇帝です」という意味となる。

しかも、この名前の持ち主は1993年生まれのうら若き女の子ということで、中国ネットユーザーの驚きは倍増。さらには同じ大学の新入生に、清朝第5代皇帝と同じ名前の「雍正(ヨン・ジョン)」という男子学生もいたことで、「なんてめでたいことだ!早くご挨拶に伺わなければ!」と早くも南京の新名所になりそうな気配。

ところが、これにはまだ続きがあった。湖北省・華中科技大学文華学院の新入生に、雍正帝の父である清朝第4代皇帝と同じ「康熙(カン・シー)」君。そして、同じ大学の同じ学部、宿舎の部屋まで同じという同級生には、すばり「王子(ワン・ズー)」という名の男子学生までいた。

さて、外国に対する敵意をむき出しにしている名前は「操日本」だけではない。実は1949年に新中国が誕生した頃には「抗美(カン・メイ)」という名も流行した。「美」は中国語でアメリカの意味。米国への敵対心が表れている。これとは反対に、「北朝鮮(=朝)を助ける」という意味の「援朝(ユエン・チャオ)」さんも多かった。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<尖閣問題>意見広告の「ハワイ」、実は「真珠湾」だった、米紙が勝手に変更―中国メディア

3日、中国の企業家、陳光標氏が米紙ニューヨーク・タイムズに尖閣問題に関する意見広告を掲載した問題で、同紙が陳氏の承諾を得ずに広告の内容を一部変更していたことが分かった。写真はニューヨーク・タイムズに掲載された陳氏の意見広告。

Record China
2012年9月4日 10時54分
続きを読む

ランキング