Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>中国大手旅行会社が「5万人の訪日ツアー」を中止―中国メディア

配信日時:2012年9月14日(金) 20時49分
拡大
13日、日本政府が尖閣諸島を国有化したことに反発し、中国の大手旅行会社が国交正常化40周年を記念した日本行きのツアーを全面中止にしたことが分かった。写真は中国の旅行会社。
(1/4枚)

2012年9月13日、日本政府が尖閣諸島を国有化したことに反発し、中国の大手旅行会社が国交正常化40周年を記念した日本行きのツアーを全面中止にしたことが分かった。中国国営新華社通信(電子版)が伝えた。

その他の写真

この旅行会社は訪日ツアー大手の中国康輝旅游集団。今年4月、日中国交正常化40周年を記念して、年内に5万人の観光客を日本に送り出す計画を発表していたが、今月12日、傘下の旅行会社220社、代理店5500店舗で訪日ツアーの販売を取りやめ、予定されていたすべての訪日ツアーを中止にすると発表した。すでに申し込みを済ませた客には全額払い戻すとしている。

同集団は毎年、多くの観光客を日本に送り出しており、今年も10月1日の国慶節(建国記念日)をはさんだ大型連休を控え、多くの訪日客を送り出す予定だった。同集団の李継烈(リー・ジーリエ)理事長は「日本政府の行動は中国人としてとても容認できるものではない」と話している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ランキング