Record China

ヘッドライン:

世界スマホ依存度調査、半数近くがスマホは雨天における傘より大事―中国メディア

配信日時:2018年9月23日(日) 6時0分
拡大
世界15カ国の1万1250人を対象に調査を行ったところ、23%の人はオンラインに接続しているデバイスを持たずに外出するくらいなら、裸で外出した方がマシだと答えたという。

セキュリティーソフト販売などを手がけるカスペルスキーは14日、インターネット依存に関する調査の結果を発表した。世界15カ国の1万1250人を対象に調査を行ったところ、23%の人はオンラインに接続しているデバイス(以下、スマホ)を持たずに外出するくらいなら、裸で外出した方がマシだと答えたという。日本メディアの報道を引用して環球網が伝えた。

スマホを持たずに外出することは、雨天に傘を持たずに外出するのよりもさらに最悪な出来事だと回答した人は46%に達し、寒い時に寒さをしのげる分厚い服を持たないことよりも耐え難いと回答した人は31%だった。

調査では、69%の人が家を出る時は必ずスマホを携帯するとしており、10人に1人は、食事中や眠る時、トイレに行く時も含めて常時携帯していることも明らかになった。また、43%の人は朝起きてまず最初にスマホをチェックしていた。¬

スマホをなくしたり、盗まれたりしたら慌てるとした人は90%に達していた一方で、電車や飛行機に乗り遅れると慌てるとした人は88%、軽い自動車事故に巻き込まれると慌てるとした人も88%で、病気になると慌てるとした人は80%だった。しかしこれらの状況のいずれもスマホを下回っていた。

スマホがないと人間関係にも影響を及ぼす可能性がある。スマホを使えない場合、51%の人は家族や友人が心配するのではないかと懸念すると回答しており、45%の人が、家族に何かあった時に助けられないことを懸念していた

またスマホが使えないことで恋人との関係が悪化した人もいる。ある男性は、連絡が取れなかったことで浮気をしていると勘違いされ、7年交際していた恋人に振られたという。他にも夫婦でお互いに浮気をしているのではないかと疑う破目に陥った人もいる。

さらにはスマホが使えないと、24%の人がオンラインゲームに負ける、21%の人がビジネスのチャンスを失うといったリスクがあると考えていた。また、パーティーなどの集まりで誰とも話したくない時にもスマホは役に立つ。75%の人は、誰とも話したくない時にスマホを使って忙しい振りをしたことがあると回答している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

植物園で体験!スマホの画像認識機能で植物の知識学ぶ

上海植物園や中国科学院西双版納熱帯植物園、中国科学院武漢植物園、中国科学院植物研究所北京植物園、中国科学院昆明植物研究所昆明植物園の5植物園が9月17日、上海でインターネットサービス大手・百度と提携して「AI植物園計画」を実施することで合意した。

人民網日本語版
2018年9月18日 23時20分
続きを読む

ランキング