米中貿易戦争の背後で笑う勝者はこの国々―韓国紙

配信日時:2018年9月21日(金) 5時50分
米中貿易戦争の背後で笑う勝者はこの国々―韓国紙
画像ID  1026648
韓国紙・中央日報は20日付の記事で、激しさを増す米中貿易戦争について、「敗者だけあって勝者はないとは本当だろうか。米中両国の背後で笑っている勝者は、ベトナム、タイ、インド、メキシコなどの新興国だ」と論じた。資料写真。
2018年9月20日、米華字メディアの多維新聞によると、韓国紙・中央日報は20日付の記事で、激しさを増す米中貿易戦争について、「敗者だけあって勝者はないとは本当だろうか。米中両国の背後で笑っている勝者は、ベトナム、タイ、インド、メキシコなどの新興国だ」と論じた。

記事は「米国の多くの企業が、中国国内に設立した工場と注文を、東南アジア諸国に移転することにすでに乗り出している」とし、米小売最大手のウォルマートに家具を供給するベトナムのメーカーの今年と来年の輸出量が30%増加する見通しであることを伝えた。

また、香港の金融アナリストの話として「中国と米国の経済権力の分離は、世界のサプライチェーンの巨大な転換と移動をもたらしている。ベトナムやタイ、インド、メキシコが勝者だ。これらの国々は、米国と軍事・経済面で確かな友好関係があり中国に代わる生産拠点としての機能を持つ新興国という共通点がある」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/09/21 08:35)

    >中国に代わる生産拠点としての機能を持つ新興国という共通点がある 中国だって生産コストの低さのため〈世界の工場〉になれたのだ。それが労働者の給与増のためメリットを失いつつある。米中貿易戦争はただのきっかけに過ぎず、生産拠点の移動は〈歴史の必然〉だったのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事