元KARAク・ハラの暴行騒動、韓流人気の中国での受け止めは?

Record China    2018年9月20日(木) 22時10分

拡大

20日、2016年に解散した韓国の4人組女性アイドルグループ「KARA」のメンバーだったク・ハラさんと、交際していた男性との間の暴行疑惑事件が、韓流人気の高い中国でも注目を集めている。資料写真。

2018年9月20日、2016年に解散した韓国の4人組女性アイドルグループ「KARA」のメンバーだったク・ハラさんと、交際していた男性との間の暴行疑惑事件が、韓流人気の高い中国でも注目を集めている。

中国のエンタメ系メディア、新浪娯楽は19日、韓国メディアの報道を引用する形で、ク・ハラさんが18日、交際相手に暴行を加えた疑いで取り調べを受けるためソウル江南警察署に出頭したことを伝えた。

それによると、クさんの交際相手の男性は13日未明、クさんの自宅でクさんから暴行を受けたとして警察に通報した。男性は、別れを切り出したところ、クさんから一方的に暴行を加えられたと説明。一方、クさんは、男性がクさんの自宅に無断で入り、先に手を出したと主張しているという。

これについて、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、「どっちもどっち」「男女の痴話喧嘩なんてよくあること」というコメントが多くの共感を集めていた。

また、クさんが全身の青あざの写真を公開したことを受け、「どちらが先に手を出したかは分からない。でも女性にここまで暴力を振るう男は最低」という声もあった。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携