Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>「日本は中国のありがたみを知れ」と米誌、日本の大幅譲歩も近いか―中国紙

配信日時:2012年9月14日(金) 6時12分
拡大
12日、中国共産党系メディアは米誌の報道を引用し、尖閣諸島問題で中国と対立を深める日本に対し、中国が日本にとってどれだけ必要な存在なのか自覚すべきだと指摘した。尖閣問題が経済に与える影響を分析した図。
(1/2枚)

2012年9月12日、中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」は米誌の報道を引用し、尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題で中国と対立を深める日本に対し、中国が日本にとってどれだけ必要な存在なのか自覚すべきだと指摘した。以下はその概略。

その他の写真

12日付香港の中国評論社が米誌フォーブス(電子版)の報道として伝えたところによると、尖閣諸島をめぐる中国との一触即発の事態に対し、日本の一部見識者から経済や政治にもたらす悪影響を懸念する声が上がっている。あまりにも長い間、中国と疎遠になることは日本に甚大な被害を及ぼすというもの。

少子高齢化が進む日本にとって、活気あふれるアジア諸国との幅広い協力関係は欠かせない。そうしなければ、日本がこれからも成長と繁栄を続けていくことは難しいからだ。特に中国に対する依存度はかなり高い。日本にとって中国に代わる存在は皆無だが、中国は日本がいなくなっても欧州や北米と仲良くすればよい。

日中双方ともに互いの存在は必要だが、中国が日本を求めるより、日本が中国を求める割合の方が高いということを自覚すべきだろう。中国が日本に対し、経済的な報復をすることは明らかだ。日本は態度を改めない限り、長期にわたり莫大な経済損失を被ることになる。

中国を中心としたアジアの存在があってこそ、日本の未来も明るいというもの。冷静で賢い政治家なら分かっているはずだ。日本はそのうち大幅に譲歩してくるに違いない。それまではまだしばらく、この状態が続くだろう。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<尖閣問題>日本と徹底的にやり合うのは賢い選択ではない、真の愛国者が取るべき行動とは?―中国紙

28日、中国共産党系メディアは韓暁清・人民日報日本支社長の寄稿記事「日本とのゴタゴタは馬鹿げている、香港の『保釣』活動は国にとって有害行為」を掲載した。写真は17日、日本から飛行機で香港に戻った「保釣」活動家7人。

Record China
2012年8月28日 21時32分
続きを読む

大使公用車から日の丸奪った男に「無知な愛国主義者」「全国民の意向ではない」と非難―中国版ツイッター

27日夕方、北京市内で、丹羽宇一郎駐中国大使の乗った公用車が進行方向をふさがれ、中国人とみられる男が車両に取り付けた日の丸を奪った。事件に関する一般からの声を、“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトから拾った。

Record China
2012年8月28日 12時10分
続きを読む

<尖閣問題>日本と開戦すれば、中国人民解放軍が真っ先に打って出る作戦とは―香港メディア

26日、尖閣問題で日本と中国が戦争を起こせば、中国人民解放軍は「情報ネットワーク」「制空権」「制海権」を真っ先に手に入れるための作戦に出ることになると香港誌が報じた。写真は22日、香港に寄港した保釣行動委員会の抗議船。

Record China
2012年8月29日 5時33分
続きを読む

ランキング